サイタ趣味の習い事カメラ教室大分 フォトクリのカメラ教室 スクールブログ MTF曲線でレ...

MTF曲線でレンズの性能を意外と簡単に知ることができます。

先日、写真教室のレッスンで生徒さんから、新製品のレンズについて、ご購入の相談がありました。
生徒さんのご使用の用途を考慮しながら、レンズ性能を確認しないと、適切にお応えすることができませんので、その時に、MTF曲線でレンズの性能を知ることができることをお話ししました。

MTF曲線(Modulation Transfer Function)、あまり聞きなれないと思いますが、レンズメーカーのWEBページに必ずといって、レンズの仕様というところにグラフが載っています。

このグラフを見ることでレンズの性能の一部分を知ることができます。

MTF曲線の見かたや意味を知っているとレンズが欲しいと思ったときに必ず役にたつと思います。

例として、CanonのEF24-105mm F4 L Ⅱ IS USMのMTF曲線をCanonのWEBページを参照(写真左)させて頂きました。

グラフの見方をご説明します。

縦軸
これは0から1.0で表しますがコントラストや解像度を表します。
1.0に近いほどコントラストや解像度が良いということになります。

横軸
これはレンズから画像が届くイメージセンサーの中心からの距離(対角線の距離)をあらわします。

フルサイズでは 約21.6mm
APS-Cでは 約14.7mm

グラフには通常、4本の曲線が載ることが多いです。

10本/mm(コントラストを重点にあらわします)
30本/mm (解像度を重点にあらわします)
放射方向(S「サジタル方向」をあらわします)
同心円方向(M「メリジオナル方向」のことをあらわします)
※レンズの種類、メーカーによっては、20本/mm・40本/mmなどで表示されることもあります。

10本/mmがなるべく1.0に近ければよいコントラストです。
この曲線がレンズ周辺部まで高い位置で維持できていれば画面周辺までコントラストがよいレンズとなります。

30本/mmがなるべく1.0に近ければよい解像度です。
周辺部まで高い位置を維持できれば画面全体で解像度が良いレンズとなります。

10本/mm曲線で、0.8以上であればとても良いレンズで、30本/mm曲線では、0.6以上ならば満足できるレベルといえます。

ただし、すべてのレンズがMTF曲線で判断できるわけではありません。MTF曲線が悪くでも実写では写りがとても良いこともありますので、実写作例等でもご確認されるとよいかと思います。

さらに、MTF曲線では、ボケのきれいさをみることもできます。
10本/mm曲線を見て、S(放射方向)とM(同心円方向)の線がおなじラインをたどるほど、ボケが良いレンズと言えます。
ボケには非点収差やコマ収差などの収差が大きくかかわり、収差が大きほど、ボケの形やボケ味が悪くなります。
収差の大きいレンズはSとMのラインに大きなずれ(離れている)が見られます。
10本/mmのラインでSとMが大きくずれているときには収差が目立つことになりますので、ボケが良くないことを想定できます。

これらの見方を知っておくと、ご自分の撮影対象にあったレンズを選ぶときのお役になると思いますので、ぜひ、ご参考にしてください。

最後にCanonのWEBページよりお借りした、写真例を紹介します。
中央が解像度とコントラストがともに良いレンズで、右は解像力良、コントラスト不良レンズの作例になります。

MTF曲線でレンズの性能を意外と簡単に知ることができます。MTF曲線でレンズの性能を意外と簡単に知ることができます。MTF曲線でレンズの性能を意外と簡単に知ることができます。

(2020年2月17日(月) 0:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アマの経験とプロの実績で、初心者からプロを目指す方まで、やさしくコーチ

新着記事

「なぜ「風景写真」はF値(絞り値)f8で撮る方がいいの?」でも、ご説明したように、風景写真をf8で撮影すると、晴天の場合、シャッター速度は1/250(ISO100)以上になりますので、手振れの心配はなく手持ち撮影でも十分ですね。 ここで、疑問?日中撮影でも三脚を使って風景写真を撮影してい...

風景写真家の作例を見ると、多くの風景写真がF値、f8~11の設定で撮影されていることに気が付きます。 なぜでしょうか? その理由は、f8~11がレンズの性能を最も引き出せる設定値(絞り値)だからです。 F値とカメラのレンズ性能との関係を理解すると、いま以上にレンズを上手く使う...

先日、写真教室のレッスンで生徒さんから、新製品のレンズについて、ご購入の相談がありました。 生徒さんのご使用の用途を考慮しながら、レンズ性能を確認しないと、適切にお応えすることができませんので、その時に、MTF曲線でレンズの性能を知ることができることをお話ししました。 MTF曲線(Mo...

今から2年前、詩劇「平和の申し子たちへ!」(なかにし礼・作 小野不二野・演出)の舞台撮影の写真及び映像の仕事の依頼を受けました。 その時に出会った、ミュージカル女優を目指していた15歳の「田中なずな」にとてつもない「オーラ」を感じて、仕事抜きで、写真集「NAZANA TANAKA」を作ってし...

先日、何気なく投稿したブログがなぜか異常に閲覧数が増え、困惑しました。 調べてみると、あるキーワードがきっかけであることが判明しました。 それは「櫻井翔、妻夫木聡、佐藤隆太」さんが、私がいつも撮影している撮影現場にアポなしで訪れたということを投稿に書き込んだことが閲覧数の増加に繋がった...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ