サイタ趣味の習い事カメラ教室京都 京都カメラ教室 スクールブログ 単焦点レンズで...

単焦点レンズで祇園祭撮影

今夏は梅雨明け早々に猛暑の日々になっております。
熱中症対策の注意喚起が連日おこなわれる事態ですから、どうぞ皆様も十分に気を付けてお過ごし下さい。

海に山に楽しいお出掛けの季節、花火や夏祭りも各地で開催されてますのでカメラ片手にというのも多くなると思います。
私はさっそく夏の京都の風物詩、京都祇園祭りの宵山(夜祭)に出かけてきました。

カメラは35ミリ単焦点レンズをつけた一眼レフと外付けフラッシュを持っていきました。
小さくて軽いレンズは暑い夏の体力消耗を和らげてくれるのと、レンズ自体が明るく、夜祭など暗いロケーションではピントが合わせやすく、シャッター速度も速くできるなどメリットも多いのです♪

最近は単焦点レンズの種類が豊富になり安価で高性能なものが多いですので、撮影スタイルにあった単焦点レンズを見つけて短い夏の写真ライフを楽しまれては如何でしょうか?

※お出掛けのおともに24-70ミリあたりのズームレンズを選ぶのも便利ですが、ズーミングで焦点域を選べるのと引き換えに、大きくて重く、そして暗いのがネックです。
実は私の場合は「必要な画角と撮影位置が様々な仕事」以外では殆ど使わないんですよ~。


単焦点レンズで祇園祭撮影単焦点レンズで祇園祭撮影

(2018年7月25日(水) 15:40)

前の記事

次の記事

新着記事

3月も後半に入り、いよいよ桜の開花が迫ってまいりました。 梅や早咲きの菜の花、そして一部の地域では早咲きの桜も咲いて、花の季節は始まっていますが、やはりなんと言っても「桜の代名詞」である「ソメイヨシノ」と「エドヒガン」や「シダレサクラ」の咲くのが待ち遠しいですね。 私の暮らす京都で...

自然風景などは環境光線だけで撮影する事が多いと思います。 その場の光(太陽や街灯など)で撮ることで「自然な写真仕上がりになる」という理由かあるからです。 それは裏を返せば「フラッシュ光撮影は不自然な仕上がりになる」から敬遠されてしまうようです。 でも自然風景や都市の景観などでも我愛に...

今夏は梅雨明け早々に猛暑の日々になっております。 熱中症対策の注意喚起が連日おこなわれる事態ですから、どうぞ皆様も十分に気を付けてお過ごし下さい。 海に山に楽しいお出掛けの季節、花火や夏祭りも各地で開催されてますのでカメラ片手にというのも多くなると思います。 私はさっそく夏の京都の風...

厳しい寒さが落ち着いて徐々に春めいてきています。 これから穏やかな暖かさに誘われて外出の機会も増える季節になり、そんな時はカメラを持ってお出掛けの方も多いと思います。 今は被写体にカメラを向ければ「上手いことそつ無く撮れる」素晴らしい時代になりました。 でも「そつ無く」は「自分の思い...

大寒波到来の日本列島でしたがようやく一段落したようで、我が家では怪我も無くホッとしております。 そして巷ではインフルエンザ大流行ともありますので、体調管理も気を付けて寒い冬を元気に乗り切りましょう。 今回は飼い猫をモデルに撮ってみました。 レフやフラッシュなどは用いて無いので、誰でも...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ