サイタ趣味の習い事カメラ教室大阪 タイチのカメラスクール スクールブログ ロケレッスンで...

ロケレッスンでは、あんな事も!?

つい先日、大阪にも開花宣言が出て本格的な桜のシーズン到来というところですね!

みなさん!撮ってますか!

さて、レッスンの模様をいくつかご紹介していますが、その番外編!?って感じをお伝えします。

先日、京都へスナップロケレッスンを実施いたしました。
普段日常的な風景スナップだったり人の写り込んだスナップ撮影なのですが今回は良くある観光地へ行ってみて、パンフレットや本などで紹介されていないであろう画角や情景やタイミングを人を含めて一つの作品とする。つまり、人を意図的に入れて且つ自分にしか見えなかった瞬間を収めようとするレッスンを行いました。

そんな中、春休みで旅行中の学生さんに声をかけられて「写真撮ってください〜」
僕は、生徒さんに観てもらいたかったので僕は快く承諾
彼女たちのスマホで撮影
そ・の・か・わ・り
撮影をさせて下さいと僕がお声をかけさせて頂いたところ、これを快諾して下さいました!

その時の写真がこちら


春休みを満喫してる感が羨ましいですね・・・

生徒さんに対して僕が、この方達に対して撮影する前からその後までのプロセスを見せてあげるチャンスです。
これは僕が善意だけでの撮影でなく、女子学生に対して撮影するまでに行った会話や撮影までの準備や撮影後の動きは、生徒さんにとって「宝」だと思ったからです。
僕の動きに理解していなくても普段から「良く観る」をしていると「なぜ?」という疑問が生まれます。
その時に「良く観る」が出来ていなかったとしても、僕の動きをその時には理解していなくても、目で見た僕の動きの記憶はいつか
「そう言えば、山田コーチは、こんな事してたなぁ〜。何でかな?」
と思い出すだけでも良い事なのです。

そう、疑問が生まれることはステップアップ出来ていることなのです。

だから、どうしたらいいのか?こうすればいいのか?と考えるようになります。
自分ならどうしてたか?今度、いつか自分でやってみようかな?
これは、良い事なのです。
疑問を持つ前に「自分にとっての良い写真」に対しての答えを求めることは出来ません。
何回やっても、何回聞いてもわからない
そこで、終わるのでなく
そんな方でも
疑問をどんどん言って下さいね
疑問は、どんどん聞くのが僕のレッスンなのです。
一緒に確認しながら解決していくのがレッスンです。

 

(2018年3月21日(水) 19:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

修理技術者から年間数万人を撮影する写真家に!カメラの内部から知り尽くす

タイチのカメラスクール
山田太一 (カメラ)

梅田/大阪・京田辺・松井山手・河内磐船・住道・京橋・大阪天満宮・奈良・三条・河原町/...

ブログ記事 ページ先頭へ