サイタ趣味の習い事カメラ教室大阪 タイチのカメラスクール スクールブログ 普段の練習で自...

普段の練習で自分のブレを確認する!?

皆さま
年末年始、いかがお過ごしでしょうか!?

さて、年末年始と言えば撮影のイベント目白押しですね!
大晦日や初詣に成人式に十日えびすなどなど、撮影にはもってこいの行事満載なのでカメラ持ってお出かけされると思いますが、最近のカメラやレンズには手ぶれ補正が付いていますよね〜。
そこで、普段から手ぶれしないような撮影を心がけるように自分自身で、シャッタースピードがこれならばブレないところを確認することをお勧めします。
練習することで、しっかりシャターを押すことやしっかりカメラを固定する意識を持つことができます。
最近の手ぶれ補正は凄く良いのですが、あるから大丈夫ではなく
よりシャッタースピードのコントロールできる幅が増えるのが一番のメリットなんです。
こちらのお写真ですが
先日、夜景ロケ撮影レッスンの一コマなんですが三脚は使わず手ぶれ補正も何もないカメラとレンズでの写真なんですが、iso1600 F7,1 シャッタースピードは1/6です。



もちろん、100%ブレない訳ではないですがこれが僕の限界です。
ちなみに打率でいうと、1割でしょうか?
だいたい1/10のシャッタースピードですと3〜4割でブレません。
基本、しっかりとカメラをホールドし呼吸を止めてシャッターを押します。

この状態で、手ぶれ補正がつくとさらにスローシャッターでの撮影ができると思います。
または、iso感度も落としてノイズを出さないようにも出来ますよね。
機械に頼るのも良いですが、自分自身の撮影方法・構え方などを考慮しつつ
一度、自分でどこまでならブレずに撮影できるのか!?
なんて、遊び感覚で練習することをお勧めします!

今年は、僕のブログを見てくださった方々、ありがとうございました。
お役に立てたでしょうか〜?

来年は、さらに色んな方に出会えて
色んなカメラ思考に出会えるようになると良いなぁ〜と期待していますので宜しくです!
では
皆さま良いお年を〜

 

(2017年12月29日(金) 18:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

修理技術者から年間数万人を撮影する写真家に!カメラの内部から知り尽くす

タイチのカメラスクール
山田太一 (カメラ)

梅田/大阪・京田辺・松井山手・藤阪・河内磐船・住道・京橋・大阪天満宮・奈良・三条・河...

ブログ記事 ページ先頭へ