サイタ趣味の習い事カメラ教室大阪 ヨコヤマ写真スクール スクールブログ 写真の上達61...

写真の上達61 「錦絵の京:紅葉撮影のポイント」

写真の上達シリーズ 久しぶりのブログです。

いよいよ紅葉シーズンに入り、各地で絵模様を展開しています。

今回は、全国的にも美しい紅葉が見られる京都で撮影してきました。

紅葉の撮影のお話しをする前に、撮影で大事なことは

1)何を「どう」撮りたいかをシャッターを切る前に考えてみることです。

 どう撮りたいかによって、表現方法が変わってきます。

 例:紅葉:・錦絵のように華やかに撮りたい
     ・雨に打たれた紅葉を寂しげに撮りたい・・・・

   撮影者の感じ方によって色々な表現が可能です。

2)物を撮るのではなく、光を撮る
 
  被写体は、光の当たり方によって、千変万化の変化を見せます。
  時には、立ち位置、アングルを変え光を意識し撮影してみましょう。

3)感動する被写体を追い続けましょう!!
 
  常に感動する、心の針が振れる被写体を追い続けましょう。

4)紅葉撮影のポイント
 
  色に惑わされないよう、光を読んだ撮影

  主役は何か、脇役は何かを考えて撮りましょう。
 
  逆光の撮影:紅葉が透けて、光輝き、立体感、質感が表現できます。

  朝の斜光、夕方の斜光:より紅葉の赤が強調、斜光による影が 
             立体感を生みます。

  また、逆に順光で撮ると、色彩がはっきりと表現できます。

  紅葉そのものを撮るのではなく、川面に映った情景も撮って
  見ましょう。

  赤い紅葉とまだ紅葉していない黄色、緑の木をバランスよく

  配置すると時間の流れが表現できます。

   いくつか、今週京都で撮影した画像を掲載しておきます。

                  ヨコヤマ写真スクール

  

  
  
 
      

写真の上達61 「錦絵の京:紅葉撮影のポイント」写真の上達61 「錦絵の京:紅葉撮影のポイント」写真の上達61 「錦絵の京:紅葉撮影のポイント」

(2017年11月17日(金) 9:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

新着記事

写真の上達 73は「雨の日のシズル感」です。 いよいよ、北海道を除き、全国的に梅雨に入りました。 雨の日はどうしてもカメラを持って出かけるのが 億劫になります。 しかし、雨の日は自然の被写体が生き生きとしてきます。 普段見慣れた風景もフォトジェニックに変貌します。...

写真上達シリーズ 第72回は「下手な鉄砲数打ちゃ当たる!?   フォトマスター検定受験の奨め」です。 昨今、デジタルカメラが普及し、フィルム時代と違って、1枚当たりの 撮影コストが大幅に削減されました。 プロはじめ、多くの写真愛好家にとってうれしい限りですね。 フィルム...

写真の上達シリーズ 久しぶりのブログです。 いよいよ暖かさが増し、関東、関西近辺は桜が真っ盛りの季節に なりました。 皆さんのご近所、旅行先等日本列島どこへ行っても 時間差がありますが、ほとんどの場所で撮影できる 被写体です。 桜はいつ撮っても絵になる被写体です。 ...

暫く振りのブログです。 写真の上達シリーズ70回目はスタジオポートレートライティング 基本レッスンです。 昨年暮れ行ったスタジオポートレートレッスンより スタジオポートレートライティングには、主に4つの方法があります。 1.レンブラントライティング  オランダの...

写真の上達シリーズ 69回目は「ストロボを使った風景撮影」です。 ストロボを使うことによって、写真表現が大きく拡がります。 ストロボを使って風景を撮ってみましょう。 ストロボの用途として、室内、夜間に人物撮影が主ですね。 風景撮影でもストロボを使うことによって色々な写真...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ