サイタ趣味の習い事カメラ教室京都 京都カメラ教室 スクールブログ 風景写真のシャ...

風景写真のシャッタースピード

シャッター速度の操作は「ボケ味」よりも「動き・時間の流れ」を意識して撮る場合に適しています。

大まかに言うと、高速のシャッター速度は動体をあたかもストップモーションさせたように止めて写す効果があり、低速のシャッター速度は動体を残像的に捉える効果があります。

しっかりした三脚にカメラを据え、同じ場面を同じ明るさになるように調整した後、シャッター速度を意識して撮りました。

上段は速のシャッター速度で撮影し、下段が遅めのシャッター速度で撮影した画像です。7
そのシャッター速度差は約10秒近くもあり極端なシャッター速度差ですが、この時は水面のさざ波を画面全体でベルベットのように表現する為には約10秒のスローシャッターが必要でした。

カメラを10秒間も固定するなんて気軽な手持ちスナップではできませんが、言い換えれば三脚固定さえできればスローシャッターで普段見慣れた世界の少し変わった表情を撮る事が出来ます。

風景写真のシャッタースピード

(2017年11月14日(火) 1:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務10年以上・元デザイナーのプロカメラマン。人物・風景・商材何でも相談OK

京都カメラ教室
末光誠 (カメラ)

堅田・三条・河原町/四条・出町柳・烏丸・一乗寺・八幡前・国際会館・北大路・今出川・丸...

ブログ記事 ページ先頭へ