全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室大阪 タイチのカメラスクール スクールブログ お昼なのに・・...

お昼なのに・・・夜!?

もうすぐ8月もおわり
初秋な9月
秋の行楽シーズンも気が付いたころには、もうすぐですね!

さて
様々なカメラレッスンをしていますが、先日に中・上級者の生徒さんにストロボの基本実践レッスンを行いました。ストロボを持っているけど、どの様に使うのか?また、撮影の表現としてどのような写真になるのか?を基本ベースで難しいロケーションでのレッスンをしました。

まずは順番に様々なパターンでテスト撮影をします。
ストロボはカメラに付けて、カメラもマニュアルで露出を合わせて撮影なのですがカメラの設定は、一定に保ちつつストロボで光をコントロールします。
①ストロボOFF
②ストロボON(ETTL自動発光)
③ストロボマニュアル発光1/16・・・1/1
実際にデジタルカメラは直ぐに確認できるので、覚えるのも早いです。

どの様に被写体にあたる光が影響して、どのような写真になるかを体感して覚えて頂きました。

(生徒さんが設定中の私を隠し撮り!?)



そして、様々な設定で光をコントロールできれば昼間なのに夜のような撮影も可能なんです!
今回は、生徒さんのお友達がモデルとして協力してくださいました。
カメラ・ストロボを全てオートで撮影すると撮れない暗いイメージ撮影でのテストショット


少し、ダークな設定で撮影してデジタル現像も遊び感覚でダークな雰囲気にしました。


光のコントロールを少しでも覚えると、自身の写真の表現が広がります!

もちろん、カメラ初心者の方でも順番に覚えていけば誰でも撮れるのがカメラの楽しいところですね!
無料体験レッスンお待ちしてますね♪

 

(2017年8月30日(水) 15:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

修理技術者から年間数万人を撮影する写真家に!カメラの内部から知り尽くす

タイチのカメラスクール
山田太一 (カメラ)

梅田/大阪・京田辺・松井山手・河内磐船・住道・京橋・大阪天満宮・三条・河原町/四条・...

ブログ記事 ページ先頭へ