サイタ趣味の習い事カメラ教室京都 京都カメラ教室 スクールブログ レンズフードの...

レンズフードの活用

少しづつ暖かさが増して本格的な春が近いのを実感しますね。
暖かくなると屋外撮影の機会も増えると云う事で、見過ごされがちな「レンズフード」についてお話します。

レンズフードは皆さんご存じのとおり「レンズ先端に取り付けて使う部品」です。
それを装着する事で「直射光や雨滴がレンズに当たるのを防ぐ部品」・・・簡単に云うと「レンズのひさし」の役目があります。
でもせっかくの部品なのに適切に使っておられない方が意外にも多いようです。

大勢の方がカメラを持ってお出掛けする観光地でよく見かけるのが「レンズフードを逆さまに装着したまま撮影」してる光景。
あれはカバン等への収納時に便利な状態ですが、写真を撮る時には好ましい状態ではありません。
※そもそも逆さ着状態は「ピントリング&ズームリング操作」に支障が出てかなり邪魔な筈なんですが・・・(汗)

まぁそれは置いといてレンズ性能を発揮させる為にも「レンズフードの適切な装着」をおすすめします。

下は強い西陽が射す時間帯にレンズフード装着(右写真)と非装着(左写真)でモミジを撮った例です。

一見して撮影結果に大きな違いが現われたのがわかります。

左写真はレンズに直射光が当たりレンズフレアの影響で白っぽくなりコントラストが低下し、更に強い光がレンズの中で乱反射して光の粒(ゴーストと云う)が発生してます。

対して右写真はハッキリクッキリ、鮮やかなモミジと背景の丸ボケも綺麗に仕上がりました。

二枚の違いは「レンズフードの有る無し」だけ!たったそれだけです!!
もしレンズフードを使ってない方がおられれば、先ずは撮影時に装着する癖を付けて欲しいと思います。

※光の状況によってはレンズフードだけで光害に対応できない事もあります。
※マクロ撮影(接写)ではフードが邪魔になるケースもあります。
※フィルムカメラではフレアとよく似た現象「ハレーション」が、強い光源によって発生する事があります。
※写真表現としてフレアやゴーストを積極的に使うのもありですが、それはには表現意図をもって撮る事が大切です。

レンズフードの活用

(2017年2月24日(金) 19:27)

前の記事

次の記事

新着記事

今夏は梅雨明け早々に猛暑の日々になっております。 熱中症対策の注意喚起が連日おこなわれる事態ですから、どうぞ皆様も十分に気を付けてお過ごし下さい。 海に山に楽しいお出掛けの季節、花火や夏祭りも各地で開催されてますのでカメラ片手にというのも多くなると思います。 私はさっそく夏の京都の風...

厳しい寒さが落ち着いて徐々に春めいてきています。 これから穏やかな暖かさに誘われて外出の機会も増える季節になり、そんな時はカメラを持ってお出掛けの方も多いと思います。 今は被写体にカメラを向ければ「上手いことそつ無く撮れる」素晴らしい時代になりました。 でも「そつ無く」は「自分の思い...

大寒波到来の日本列島でしたがようやく一段落したようで、我が家では怪我も無くホッとしております。 そして巷ではインフルエンザ大流行ともありますので、体調管理も気を付けて寒い冬を元気に乗り切りましょう。 今回は飼い猫をモデルに撮ってみました。 レフやフラッシュなどは用いて無いので、誰でも...

早くも1月の第4週目を迎え、月日はずんずんと突き進んでおります。 寒さが一層厳しくなる頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。 風邪など召しませぬようご自愛ください。 寒い冬はよっぽどでないと写真撮影に出掛けるのは億劫だと思いますが、自然風景をフレーミングしての表現であれば、この季節...

シャッター速度の操作は「ボケ味」よりも「動き・時間の流れ」を意識して撮る場合に適しています。 大まかに言うと、高速のシャッター速度は動体をあたかもストップモーションさせたように止めて写す効果があり、低速のシャッター速度は動体を残像的に捉える効果があります。 しっかりした三脚にカメラ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ