全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 デジカメ活用写真教室 スクールブログ 撮ったあとにピ...

撮ったあとにピント位置を変更(その1)

撮ったあとにピント位置を変更できるというカメラが、すでに発売されています。

実現方法はメーカーによって異なりますが、ざっくりまとめると、シャッターを押した際に、ピント位置をあとから変更するための情報を記録しておき、その記録した情報に基づいて、撮影後にピント位置を変更するという仕組みです。

比較的シンプルな仕組みを採用しているのがパナソニックの「フォーカスセレクト」です。

フォーカスセレクトでは、ピント位置の自動変更機能に加え、動画機能と動画からの静止画切り出し機能を利用します。

シャッターを押すと、ピント位置を近くから遠くまで順次ずらしながら短い動画として撮影します。
そして、必要に応じて異なるピント位置のコマを選び、静止画として切り出すのです。

露出の補正値を自動的にずらしながら撮影するブラケティングという機能がありますが、これをピント位置に適用したとも考えることができるでしょう。
ただし、ブラケティングは静止画を3〜5枚程度撮影するだけですが、フォーカスセレクトでは、もっと多くの枚数(コマ数)を撮影しているはずです。
また、記録するのが静止画と動画という違いもあります。

一方の複雑な方法では、静止画(2次元の情報)だけでなく、奥行きなど(3次元の情報)を記録しておき、その記録に基づいて静止画を作り直すような処理を行います。

詳しくは、その2で紹介します。

 

(2016年7月29日(金) 2:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デジカメの説明書も手がけるライター兼カメラマン!撮り方~PCの活用法

デジカメ活用写真教室
金子浩美 (カメラ)

代々木・新宿・高田馬場・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪

ブログ記事 ページ先頭へ