全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室京都 カメラ写真を楽しむ教室 スクールブログ 新緑・初夏・梅...

新緑・初夏・梅雨

風景写真を撮っていてなんだかモヤっとした感じしたことありませんか?

特に気温の上がってきている時や晴天で気持ちのいい天気のはずなのに写真はイマイチ・・・

それは撮影方法やカメラの問題だけではないのですよ^^

撮影条件というものも大きく関わってきます。

日程を決めて撮影に行く時には仕方のないこともありますが、風景写真でのモヤっと感がなくスッキリした写真を撮るには、雨上がりの晴天(雨上がり直後、翌日とか)がモヤっと感がなくスッキリする条件の一つです。

空気中のチリやホコリが雨によって無くなりスッキリします。
目には見難いチリやホコリですが、空気中には思いのほか多く漂っていて、それが反射してモヤっとします。

もう一つはカメラの設定です。
手っ取り早いのは「コントラスト」を高めに設定することですが、これはカメラによって出来たり出来なかったり。
撮影後に画像加工補正の出来るソフトやアプリで操作するだけでもスッキリさせることは可能です。

その他にもフィルターを使ったり、マニュアル撮影など手段はイロイロあります。

自分の意図に合う方法で撮影してみてくださいね。

関西は梅雨入りして撮影の日が雨、なんてこともあるかと思いますが、雨には雨の良さもありますので楽しんで写真を撮って下さいね。

下の写真はあくまでもイメージですが、こんな感じに印象が変わりますよ。
イメージは左側が無加工、右側がコントラストを上げたものです。

新緑・初夏・梅雨新緑・初夏・梅雨

(2016年6月6日(月) 9:43)

前の記事

この記事を書いたコーチ

自衛隊カメラマンとして16年間活動。バンドの演奏写真や婚礼写真も担当

ブログ記事 ページ先頭へ