全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ 星空の撮影

星空の撮影

星の撮影は、意外と簡単にできるようになりました。
デジタル写真の強みを生かして、かんたんな星の撮影に挑戦してみませんか。

星そのものの撮影は天体写真ですが、星空と地上の風景を一緒に写し取る写真は
「星景写真」という分野です。

方法はシンプルです。三脚にしっかりカメラを固定し、
「ISO高感度で撮影する」か「低感度で長時間露光」するかのいずれかです。

高感度で撮影すれば、星は静止して写ります。
長時間露光すれば、星の日周運動が光跡として写ります。
簡単でしょう!

ポイントは「ピント合わせ」と「ノイズ処理」、
そして「地上の風景の明るさ」です。

ピント合わせはマニュアルで行いますが、
星は遠くにあるのでレンズの無限遠に合わせて撮影すればいいようなものですが、
実際には無限遠では星のピントはずれてしまうことが多いです。
背面液晶で拡大表示して星がもっとも小さく像を結ぶようにピントを調整する必要が有ります。

「ノイズ処理」
高感度での撮影も長時間露光もいずれも、ノイズが出てきてしまいます。
カメラのノイズ処理をオンにして撮影すると、撮影後にカメラがノイズを処理してくれますが、
処理に時間がかかります。通常は、撮影後にパソコンに取り込んでからノイズ処理を行う必要が有ります。

星の明るさは、一等星からいろいろの明るさがあり、星そのものが光源ですので、
どれくらいの明るさで描くか(適正な露光値)には、ある程度の幅や好みがあります。
また背景となる空の暗さとのバランスもあり、
星空の露光値はピンポイントでは決めることができません。
デジタルでは撮影後にすぐ画像が確認できるので、おおよその明るさで撮影後に
再生して調整するといいでしょう。

星景写真の場合問題になるのが、地上の風景の明るさです。
何も光源がない山岳風景でない限り、
星に比べて圧倒的に明るい地上の夜景は、長時間露光、高感度撮影のいずれでも、
星に比べて明るく写りすぎてしまいます。
そこで最近使われ始めた方法が「コンポジット撮影」「比較明合成」と呼ばれる手法です。

これは一発写真ではなく、インターバルで撮影した数百枚の写真を合成する手法です。
レイヤーを重ねて合成する際に「比較明」というモードで合成します。
この機能をカメラに搭載している機種もありますね。

今年はキャンプに出かけた夜に、空にカメラを向けて天の川を撮影してみてはいかがでしょう。

詳しくはレッスンで。

作例写真は25分の長時間露光で撮影しました。

Peak2Peak 檢見﨑

星空の撮影

(2016年5月8日(日) 12:45)

前の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ