サイタ趣味の習い事カメラ教室兵庫 アサヤン写真講座 スクールブログ 自分のテーマを...

自分のテーマを持つ大切さ

 特に中級以上の方は、ご自分でテーマを決めて撮られることが上達の秘訣だと思います。目的があるという意味で、モチベーションや達成感にも繋がって来ますので、初級の方にも言えることです。
 ただ、自分が決めたテーマであっても、それに沿って、あるいはそれを咀嚼しながら撮るというのは、制限や条件が付いたり、シャッター以前に考えなければならなくて、楽でないことも生じてきます。逆に、行き当たりばったりで、何も考えず楽に撮れた写真は、極希に良い1点になっても、殆どの場合は取り留めもなく、その中味が平凡で「それで、だから?」と、何を伝えたいのか分からない写真になってしまいます。
 何をどう撮っても自由ならば、絵は作り易く、まとめ易いのですが、たぶんどこにでもあるような絵柄で、オリジナリティがなかったり、他人の目に止まることもないでしょう。やはり、ちょっと苦労して撮った写真の方が良いものになりますし、その苦労を克服して行くことで間違いなく上達します。ただし、苦労する方向を間違うと、唯のクタビレ損になってしまいますが…。
 ということで、テーマが決まらず困っておられる方は、それを見つける段階からお手伝いさせて頂きますよ。仕事では近年テーマを探すことが主になっていますので、今日的なセンスで、且つ実践的に相談に乗れると思います。
 

 

(2016年3月13日(日) 13:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

新聞雑誌で活躍、まだまだ現役のカメラマン。趣味からプロ志望まで

新着記事

 福岡では生徒さんが途切れなしに来られていましたが、関西に引っ越してからは、まだ一人も来られていません。人口比でコーチが格段に多いとは思いませんが、サイタの経営が代わったからでしょうか?  さて、スマホにビルトインされているカメラの性能が良くなり、いよいよスマホ全盛といった感じですね。実際、...

 特に中級以上の方は、ご自分でテーマを決めて撮られることが上達の秘訣だと思います。目的があるという意味で、モチベーションや達成感にも繋がって来ますので、初級の方にも言えることです。  ただ、自分が決めたテーマであっても、それに沿って、あるいはそれを咀嚼しながら撮るというのは、制限や条件が付い...

 このほど実際に生徒さんが撮った写真で一緒に写真集を作りました。  デジタル技術の発達で、アナログ時代ならば何万、何十万円もかかっていた写真集が、今や数千円で1冊から作れるようになっています。プリントも製本もきれいなものです。  ただし、写真集にするためには、一つのテーマを貫きながら、いろ...

 写真が上手くなるコツは、先ずカメラを構えるのではなく、先ず見るということだと思うのです。  予測がつかなかったもので、すぐに目の前から消えてしまいそうな光景は例外です。それこそピントをちゃんと合わせている間がなくても、とにかくシャッターを切ってください。でないと、写真「なし=ゼロ」です。ピ...

 小生、カメラとビデオの教室を開いていますが、趣味でサックスをやっています。子どもの頃はピアノも習いました。で、思うことなのですが、写真や映像も思い通りに撮れるようになろうと思えば、音楽と同じでレッスンとレッスンの間にどれだけ一人で練習するか、やはりそこがポイントなのです。  お教えしたこと...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ