サイタ趣味の習い事カメラ教室福岡 アサヤン写真講座 スクールブログ 自らの作品で写...

自らの作品で写真集を作りませんか?

 このほど実際に生徒さんが撮った写真で一緒に写真集を作りました。
 デジタル技術の発達で、アナログ時代ならば何万、何十万円もかかっていた写真集が、今や数千円で1冊から作れるようになっています。プリントも製本もきれいなものです。
 ただし、写真集にするためには、一つのテーマを貫きながら、いろいろな撮り方の数十点を用意しなければなりません。加えて、撮った順に同じ大きさで並べるのは、特別な意図があってのことで、きわめて希です。つまり、ほとんどの場合、見せる順=構成と大小の変化をつけたレイアウトが必要です。この点はアナログ時代と変わっていません。
 やはりカタチになると楽しいものですし、バラバラのキャプションもない写真と違って他人も興味深く見てくれます。一見たいへんなようですが、写真集のテーマさえお持ちでしたら、撮影から編集まで”手取り足取り”お教えできます。あなたに合ったテーマを探す段階からでもOKですよ。
 写真集という一つのゴールに向かって、あなたもガンバってみませんか?

 

(2016年2月2日(火) 21:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

新聞雑誌で活躍、まだまだ現役のカメラマン。趣味からプロ志望まで

新着記事

 特に中級以上の方は、ご自分でテーマを決めて撮られることが上達の秘訣だと思います。目的があるという意味で、モチベーションや達成感にも繋がって来ますので、初級の方にも言えることです。  ただ、自分が決めたテーマであっても、それに沿って、あるいはそれを咀嚼しながら撮るというのは、制限や条件が付い...

 このほど実際に生徒さんが撮った写真で一緒に写真集を作りました。  デジタル技術の発達で、アナログ時代ならば何万、何十万円もかかっていた写真集が、今や数千円で1冊から作れるようになっています。プリントも製本もきれいなものです。  ただし、写真集にするためには、一つのテーマを貫きながら、いろ...

 写真が上手くなるコツは、先ずカメラを構えるのではなく、先ず見るということだと思うのです。  予測がつかなかったもので、すぐに目の前から消えてしまいそうな光景は例外です。それこそピントをちゃんと合わせている間がなくても、とにかくシャッターを切ってください。でないと、写真「なし=ゼロ」です。ピ...

 小生、カメラとビデオの教室を開いていますが、趣味でサックスをやっています。子どもの頃はピアノも習いました。で、思うことなのですが、写真や映像も思い通りに撮れるようになろうと思えば、音楽と同じでレッスンとレッスンの間にどれだけ一人で練習するか、やはりそこがポイントなのです。  お教えしたこと...

 写真を長年やっていますと、頻繁に使う機材と殆ど使うことがない機材が分かります。滅多に使わない機材は、その時だけレンタルするのも手です。小生も初心者の頃は不要なものを買ってしまって、後悔した覚えがあります。  生徒さんの大半が初心者で、写真を学ぶと同時に機材も買い揃えて行かれるという感じ。小...

ブログ記事 ページ先頭へ