全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ Lightro...

Lightroom導入時の注意点

サイタ写真講師のケンミサキです。Lightroom導入時の注意点。個人レッスンで最近Lightroomの使い方をレクチャする機会が増えました。初期のバージョンから使っていますが、最近のバージョンではこれまでLightroomの最大の欠点と言われていた色空間の問題もある程度解決策が講じられ、よりプロフェッソナルな使用にも耐えるようになりました。

ここでLightroomの初期設定と導入時のポイントを少しご紹介しましょう。

まずなんといっても「カタログ」というデータを理解することです。拡張子が「lrcat」というカタログデータが、Lightroomの処理情報を統合して納めているデータです。

通常、アプリケーションを起動する→個々のデータを開く→処理する→上書き保存または別名保存でデータを保存 という流れですが、Lightroomはオリジナルデータそのものを変更することなく、つねに「プレビューデータ」を生成しながら処理を進め、作業を終了してLightroomをシャットダウンすると、作業工程、作業環境など、Lightroomで行ったすべての動き、作業を先の「カタログ」というデータに格納し保存します。

処理した結果の実態あるデータは、「書き出し」というコマンドを実行してはじめて、オリジナルとは別のデータが書き出される仕組みです。

また「カタログ」は任意の名前をつけて、複数個作成することが可能なので、分野や仕事別、年度別などに「カタログ」を分けて、それぞれで写真を管理することができます。

さて、インストール後はじめてLightroomを立ち上げると、デフォルトではパソコンのユーザーアカウント内のピクチャフォルダ内に自動的に「Lightroom」という名前のフォルダを作成し、その中に「Lightroom」という名前のカタログが生成されます。

「Lightroom」という名前のカタログは、あとで名前を変更することが可能ですし、カタログの保管場所を任意の場所に変更することも可能です。

またこの「カタログ」に写真を読み込む際、パソコンの外部から(カメラやSDカードなどのメディア)読むこむ場合は、デフォルトでは先ほどのピクチャフォルダーの中に撮影日付別のフォルダを作成してそこにデータを「コピー」して読み込みます。

初めてLightroomを使って写真を扱う場合、このようなデータの扱い方になっていることを理解してください。

Lightroomに読み込んだ写真は、以降、すべてLightroom上でコピー、リネーム、削除、フォルダ間の移動、フォルダの新規作成などの処理をしてください。Lightroomはマックで言えばFinder、ウィンドウズではエクスプローラーの役割を果たします。

次にLightroomの環境設定を開き、次のポイントを確認してください。
「一般」のタブを開くと中段あたりに
「RAWファイルの隣にあるJPGファイルを別の写真として処理する」という項目があります。
これは、撮影時にRAWとJPGの同時記録をしている場合、カメラからデータを読み込んだのち、同じデータ番号のRAWとJPGを別のデータとして表示するか、それともRAWだけを表示するか、の選択です。

JPGデータはカメラ側が生成したものですので、LightroomでRAWを処理して生成するJPGとは違った結果になる可能性があります。カメラのJPGを見たい、自分が作るJPGと比較したい場合は、別データとして扱った方がいいでしょう。

また、RAWと同時に記録した小さなサイズのJPGだけを、見本としてクラアントに渡すなどの必要がある場合、やはりJPGを別データとして読み込み処理表示してくれないと困りますね。

以上、導入時の注意点をいくつかピックアップしてご紹介しました。
詳しくはレッスンでお話ししています。

檢見﨑誠 写真家 写真講師 / 登山ガイド
Peak2Peak www.kemmisaki.com

Lightroom導入時の注意点

(2016年1月22日(金) 12:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ