全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ カラーマネージ...

カラーマネージメントの大切さ

サイタ写真講師のケンミサキです。カラーマネージメントについて。今日はプロ用の映像機器会社EIZOのセミナーを受講してきました。アドビのCameraRAWを使ったRAWデータの扱い方と、モニターキャリブレーション、プリンターのカラーマネージメントがテーマでした。

結論から言うと、あらためてカラーマネージメントの大切さを再認識。またLightroomも処理エンジンとして使っているCameraRAWの機能について理解を深めることができました。詳しくはレッスンでお伝えできればと思いますが、これまでさんざん苦労してきた「プリントの色が違う」ということが、あっさりと解決したことに、今更ながら新鮮な驚きがありました。

ポイントはオリジナルのRAWデータを、いくつかある色空間の特徴を理解した上で、どのカラースペース(色空間)で開くか、その後の処理の過程で適宜色空間を変換して最終的にプリンターに渡す、ということです。またプリンターによる管理ではなくアプリケーション側で管理すること、これまで「知覚的」処理をしてきたカラーマネージメントを「相対的」にすること、など、なるほどと思わせる論理的なレクチャでした。じっさいプリントしてみるとモニター上の画像がそのままプリントに再現され、驚きました。

大前提はモニターをハード的にキャリブレーションすることですが、そのような環境になくとも、RAWデータの扱い方について、たいへんためになるセミナーでした。

さて、講師の方からお話があったのですが、現在普及しているスマホの代表iPhoneやタブレットの代表iPadは、OSとして搭載されているiOSが、カラーマネージメントの機能を搭載していないのだそうです。つまり、画像データの表示は基準がない状態で行っているので、色の表現が(データが持っているカラープロファイルに)正確ではないのだそうです。簡単に言うと「色」という言語の翻訳が正確に行かない、ということですね。

それから、「色温度」、「色かぶり」の調整についても、目からウロコのおはなしをうかがいました。仮に自分が使っているモニターのキャリブレーションが正確に行われているという前提に立てば、スポイトツールでホワイトバランスを取るポイント(本来無色の白色)を抽出するのではなく、色温度と色かぶりの調整をモニターを見ながら、画像の全体がアンバーでもないブルーでもない(色温度)、グリーンでもないマゼンタでもない(色偏差)ポイントを見つける調整の仕方の方がいい、ということでした。

スポイトツールでホワイトバランスを調整すると往々にしておかしなことになるので、経験的には先に述べたことと同じことをやっていました。アプリケーションも万全ではなく、設計者の考えやその時々の限界があるとのお話に、そうだよな〜〜と納得したのでした。なぜそうなのか、これについてもレッスンで詳しくお伝えします。

写真の「階調」は「明るさ」と「色」のグラデーションです。このことを意識することが、写真を扱う上で大切な事です。目の前の光景をどのようにデジタル写真に翻訳するか、それが撮影時のセッティングでしょう。

詳しくはレッスンで。自分でプリントする方はとくに、、、。


けんみさきまこと Peak2Peak写真山岳ガイド事務所
写真家 写真講師 / 登山ガイド  www.kemmisaki.com

 

(2016年1月20日(水) 21:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ