全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室大阪 ヨコヤマ写真スクール スクールブログ 写真の上達32...

写真の上達32 「猫CAFE レッスン」

 写真の上達シリーズ32回目は「猫CAFE レッスン」です。

 先日、大阪京橋の猫CAFEでの写真レッスンを実施しました。

 大阪にも猫CAFEがあちらこちらに出来ています。

 猫を撮影するためのポイントについてお話しします。

 最近の猫はおとなしく、撮りやすい被写体です。

 撮影のコツとしては、室内で暗いケースが多いので、ISO感度を

 ISO800からISO1600ぐらいまで上げますと、手持ち

 撮影が可能です。

 ホワイトバランスは、AUTOか晴天で撮影、カラーバランスを見て

 ホワイトバランスを変えてみましょう。

 RAWで撮影しますと、後からホワイトバランスを変えられるので

 なるべく、RAWで撮影しましょう。

 撮影モードはAモード(絞り優先)で、開放絞りから0.5段

 ぐらい絞り、バックをぼかしたほうがいいでしょう。

 焦点距離はFXで50mmぐらい、DXで35mmぐらいの

 明るい単焦点レンズがいいでしょう。

 猫は、夕方までほとんど寝ています。寝姿もいいですが、動くものを目の前

 にちらつかせると、起きてきます。上を向いた時がシャッターチャンスです。

 キャッチライトが目に入り、生き生きした表情が撮影できます。

 より、詳細はレッスンでご説明します。

 先日、レッスンで撮影した画像をアップしました。

 魚眼レンズと50mm F1.8の標準レンズを0.5段絞り

 撮影しています。

写真の上達32 「猫CAFE レッスン」写真の上達32 「猫CAFE レッスン」写真の上達32 「猫CAFE レッスン」

(2015年10月18日(日) 22:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

ブログ記事 ページ先頭へ