全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室神奈川 基本から応用へ〜鎌倉写真美術工房 スクールブログ 抽象

抽象

こんにちは、岩チューです。
今日も晴天が続いています。太陽は万物を照らし出す。敬意。


さて、年の瀬までにはまだ少しありますが、これから年末に向かって
街々のネオンが煌びやかになってきます。
カフェやレストランの装飾も競って華やかに。

今回は被写体を抽象的に撮影する方法をひとつ。
下記の写真、ブルーで奥に微かに感じているものは観覧車です。
手前のグリーンに輝く円形のものはカメラの近くにあるネオン群です。
観覧車のど真ん中を構図の中心にし、ネオンと重ねています。
最早、観覧車のカタチはなく微かに円形の物体を感じるのみです。

まずは、ズームレンズを装着し、ピントはマニュアルにします。
ボケ具合を確認して、シャッターを押すと同時にレンズをグイッと引きます。
このタイミングは、何度もトライしないと掴めません。
手持ちのため放射状のラインが揺れ気味ですが、参考になれば幸いです。

夜景をガリピンで撮影した後に、こんな抽象的なカットで遊んでみては。
抽象はあなたの中にだけに存在する世界です。是非、表現してみてください。

無理な体勢でも息を止め狙う、狙った被写体はあきらめない、
思うようなカットが撮れたらすぐに鮨を食べに行く!
撮れなかった時は、立ち飲み屋でホッピーを飲みつつ検証する!撮影の基本?です。

《撮影データ》1/4秒、F/5.6、ISO感度/100、ホワイトバランス/晴天、ピクチャーコントロール/風景

抽象

(2015年10月18日(日) 20:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広告代理店の元アートディレクター。デザイナーならではの視点で充実の指導

基本から応用へ〜鎌倉写真美術工房
岩本忠家 (カメラ)

大船・藤沢・鎌倉・逗子・柳小路・江ノ島・腰越・湘南深沢・西鎌倉

ブログ記事 ページ先頭へ