全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室神奈川 基本から応用へ〜鎌倉写真美術工房 スクールブログ 広角な夜

広角な夜

お晩です、岩本です。
秋の夜長、窓からは、コオロギの鳴き声がかすかに聞こえてきます。

さて今宵は、平凡な日常に退屈している皆さんに朗報です。
標準レンズなるものを50mmと言いますが、これはほぼ人間の視野に近いものを言います。
人により誤差があるのでしょうか、28mm説、35mm説もあるようです。
毎晩、居酒屋で魚ばかり食べている人は、ある朝起きたら目玉が焦点距離8mm(魚眼レンズ)に!?
そんな馬鹿な話しは、次回の飲み会に据え置き本題へ。

広角レンズ!非日常な視界の経験のない方は、人生の楽しみの半分を失っています。
人類は考えたのです、縮めたり伸ばしたりして、広角レンズを!
ガツンと、ダイナミックに、どうだ、みたか!と。

広角レンズは、手前のものがドカンと大きく迫力満点。
平凡な視界にアキアキした、日常生活に刺激が欲しいマダム&ムッシュ、
方向性を見失わずに、広角レンズの世界へ埋没してくだされ。
では、あすから広角な夜へ。


※因みに写真界では、「標準に始まり標準で終わる」という格言があるようですが、
俗人の自分はまだまだその境地に到達していません、泡。

下記の参考例は、ややネタ切れの気配が漂う中、それれらしきものをアップしております。
25mm程度ですので広角の範囲内です。

広角な夜

(2015年10月18日(日) 1:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広告代理店の元アートディレクター。デザイナーならではの視点で充実の指導

基本から応用へ〜鎌倉写真美術工房
岩本忠家 (カメラ)

大船・藤沢・鎌倉・逗子・柳小路・江ノ島・腰越・湘南深沢・西鎌倉

ブログ記事 ページ先頭へ