全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室熊本 りそらぼカメラスクール スクールブログ 8/23夕方 ...

8/23夕方 油井宇宙飛行士の乗る国際宇宙ステーションを撮影!

 こんにちは。カメラコーチの吉田です。

 8/25の熊本は台風直撃でした。幸い自宅の被害は庭木数本が倒れたのと、小さな物置が壊れた程度で済みましたが、各所で停電や信号故障などのダメージがあったようで、人的被害こそ小さかったものの結構な傷痕を残していったなと云う感じです。

 さて台風襲来の少し前、8/23の夕方、九州南上空をISS(国際宇宙ステーション)が通過し、非常に条件良く観察できる機会がありました。
 ちょうど油井宇宙飛行士が搭乗して、先日打ち上げられた無人輸送機こうのとりとドッキングする、少し前のタイミングにあたります。
 せっかくなので撮影しようと思い、自宅近くの田んぼのあぜ道にスタンバイ。しかし、頭上にはうろこ雲があり、空は所々しか見えません。あまり条件は良くないなか、ISSを待ちました。
 なお、ISSがいつ、どこに見えるかについては、JAXAのサイトでも確認できますし、ISSの予報をするスマホのアプリもあります。以下ご参照。

・JAXAのISS予報サイト
 http://kibo.tksc.jaxa.jp/letsview/visibility1/index.html

・iPhoneアプリ
 例えば・・・ISS Finder
https://itunes.apple.com/jp/app/iss-finder/id670637083?mt=8

・Androidアプリ
 例えば・・・ISS ディテクター
 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.runar.issdetector&hl=ja


 道具はそれほど特殊なものは必要ありませんが、三脚などカメラを固定する道具は必須です。夕空で空自体に明るさがあるので、事前にテスト撮影して、露出1~3秒程度で空の明るさがほどほどになるように絞りとISO感度を調整しておきます。
 なお、あまり絞りすぎると肝心のISSの光跡が薄くなってしまいますのでご注意。
 
 通常ISSは地平線近くの低いところから見え始め、少しずつ動いていきますので、広角レンズで軌跡を撮影するのであれば出現前から構図を決めておいて、見え始めたらインターバルタイマーを使ってひたすら撮影、その後比較明合成で軌跡を描出するというやり方になります。
 しかし、今回はスマホのコンパスと水準器の調子が悪く、当初設定した構図とは異なる位置に見えてきたこと、しかも雲の間から切れ切れに見えてきたことから少し慌ててしまいました。

 それでも何とか頭上のISSの光跡を捉えることが出来、一安心とカメラ三脚を担いで家に戻ろうとしたところ・・・・・。南南東の低いところ、雲の切れたところに再びISSが見えている!!
 慌てて路上にも関わらず三脚を立て、撮影したのが2枚目の写真です。住宅地の中で幸い撮影中に車が来なかったので良かったですが、あまりほめられた行為ではないですね。

 肉眼では明るい(今回は距離が近かったので、-2等星(木星レベル)くらい)光の点西か見えませんが、そこに何人もの人が乗っていること、そのうちの一人は日本人であることを考えると、何とも不思議な感じでした。

 撮影データ
 Nikon D300s Tamron 17-50mmF2.8 f.l.17mm, F4.5
 ISO640, Exp.T=1.6sec. Interval=2.0sec.
 Image-stacking SiriusComp(http://phaku.net/siriuscomp/)

8/23夕方 油井宇宙飛行士の乗る国際宇宙ステーションを撮影!8/23夕方 油井宇宙飛行士の乗る国際宇宙ステーションを撮影!

(2015年8月26日(水) 12:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

千葉大画像工学科で写真技術を学んだ講師が、基本から応用まで幅広く対応

りそらぼカメラスクール
吉田光一郎 (カメラ)

上熊本・熊本・新水前寺・水前寺・東海学園前・竜田口・武蔵塚・光の森・三里木・原水・肥...

ブログ記事 ページ先頭へ