全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 楽しいからこそ上手くなる-そんな写真教室 スクールブログ 『縦写真と横写...

『縦写真と横写真の違いについて』

『生れたからには 生きてやる』



こんにちは!
カメラマンの橘田龍馬です。


うだるような暑さが続いていますが、喉が乾いてなくても

水分補給をお忘れなく!




今回は縦写真と横写真についてお話ししたいと思います。



あなたはの今まで撮った写真を見てみてください。


横写真が多くないですか!?

しかも、意図的でない横写真が..... 笑Σ(꒪ȏ꒪)




そうなんです!

人間の目は右と左、横並びについているので意識をしてみない限り、

無意識に被写体を横で捉えるのです。



しかし、縦写真で撮るのか横写真で撮るのかは、自分のイメージを

伝えるためにはもの凄く重要なことなので、今まで意識しないで

なんとなく横写真で撮ってた人は、それを意識するだけでも写真の

イメージはガラッと変わります!


って言われても、どんな時に縦写真にした方がいいのか、横写真にした

方がいいのかが分からないって人のために、ざっくりしたイメージを

説明したいと思います。



[ 縦写真 ]

・かっこいいイメージ

・シャープなイメージ

・奥行き感を出したい時

・縦長の被写体をフレームいっぱいに収めたい時





[ 横写真 ]

・やわらかいイメージ

・かわいいイメージ

・まったりとしたイメージ

・横への広がりを見せたい時

・横長の被写体をフレームいっぱい収めたい時



写真の撮り方_縦写真_横写真

[ 同じ被写体でも縦位置で撮るか・横位置で撮るかでイメージは変わる ]




写真の撮り方_縦写真_奥行き感

[ 縦写真で奥行き感を強調・かっこいいイメージ ]



写真の撮り方_縦写真_フレームいっぱい

[ 縦長の被写体をフレームいっぱいに収める ]



写真の撮り方_縦写真_花

[ 縦写真でシャープなイメージ ]






写真の撮り方_縦写真_花

[ 横写真で横に広がるイメージ ]



写真の撮り方_縦写真_人物写真

[ 横長の被写体をフレームいっぱいに収める]



写真の撮り方_縦写真_花_かわいい

[ 横写真でかわいいイメージ ]



写真の撮り方_縦写真_風景_まったり

[ 横写真でまったりとイメージ ]




微妙な空気感を出したい時や、わざとイメージを外したい時などにあえて逆の位置で

撮ったりする事はありますが


まずはこれらの事を少し意識して、縦位置、横位置どっちで撮るか考えてシャッター

を切ると、自分のイメージしている写真に近づき、写真がもっと楽しくなると思います!


自分で考えて工夫して撮ると、写真はどんどん楽しくなりどんどん上手くなります!!
、( ̄▽ ̄)V


 

(2015年8月19日(水) 9:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

写真のハウツー著書が大好評のコーチ!楽しさと感動を味わいながら上達

楽しいからこそ上手くなる-そんな写真教室
橘田龍馬 (カメラ)

東京・新橋・品川・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣...

ブログ記事 ページ先頭へ