サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 ゆうすけのカメラの学校 スクールブログ 写真は明るけれ...

写真は明るければいいという訳ではない?!

今日は写真の明るさについてお話したいと思います。

皆さんの思う写真ってやっぱり明るくて
キラキラーってしたものだと思うんです。

はい、7割くらい正解です、
明るければ大体綺麗に見えますし
日中なのに凄い暗い写真は失敗に見えますよね。

ただし!今回はその逆、暗い写真のオススメです。
今回載せたお写真どうでしょう?
明るくない、顔も影になってしまってる
けど、独特の色気や雰囲気が出ていませんか?

1日で撮った写真が100枚あったとして
そのうち70枚は明るくていいんです
でもその中に10枚でもふとこういう印象的な写真があると
写真のバリエーションも広がります。

もし今まででそういう発想が無かった方には是非試して頂きたい。
興味あるけど撮り方がわからないという方には僕の撮り方、伝授します^^

写真は明るければいいという訳ではない?!

(2015年8月7日(金) 11:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

人物撮影ならお任せ!専門用語を使わない講義で、これまでの疑問も即解消

ゆうすけのカメラの学校
榊原優介 (カメラ)

東京・新橋・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・駒込・田...

ブログ記事 ページ先頭へ