全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ ややこしい色空...

ややこしい色空間

サイタ写真講師のケンミサキです。やっかいな色空間。(少し専門的)

色空間とは、デジタル的に再現できる色の範囲を空間で表したものです。
ほとんどのカメラには色空間をsRGBとするか、AdobeRGBとするかの選択項目があります。

大まかに言って、sRGBよりもAdobeRGBの空間の方が(とくに緑色が)広い、つまり表現できる色が多いのです。
スカイブルーや海の青、新緑などはsRGB色空間では表現しずらい対象です。

デジタルカメラは光信号を電気信号に変換し(RAWデータ)、それをカメラ内でJPGに変換して記録します。
そのときに、どちらの色空間を使うか、それを選択できるわけです。
RAWデータには色空間の設定はありません。

より広いAdobeRGBを選んでおけば良さそうなのですが、ところが、
ほとんどのデジタル機器(とくにモニター)は、このAdobeRGBの色をすべて表現できません。
デジタルの世界ではこれまでsRGBを基準としているためです。
高価なモニターはAdobeRGBに対応しているものもありますが、
私たちが日常接している様々なモニターはほとんどがsRGBの色しか表現できません。
最新のMacBookPro のRetinaディスプレーもsRGB仕様です。

AdobeRGBの色空間を使って撮影し記録したJPGは、
信号的にはAdobeRGBの色情報を持っているのに、
モニターではsRGBに変換されて見えてしまうのです。

さて、ここからがさらにややこしくなるのですが、
AdobeのLightroomでは作業にはProPhotoRGBという色空間を使っています。
ProPhotoRGBはAdobeRGBよりもさらに広い色空間です。

昨今の高性能のカメラでRAW記録したデータの持っている色情報を
なるべく損なわないで扱うための設定です。

仮にsRGBで撮影したJPGデータをLightroomに読み込んだ場合でも、
このProPhotoRGBの色空間で作業します。

Lightroomの現像モジュールでは最も広いProPhotoRGBで作業することで、
処理の破綻が起こりにくくなっています。

またインクジェットプリンターはAdobeRGBの色空間より広い色域を持っているので、
ProPhotoRGBで作業するメリットがあります。

Lightroomで作業結果がプレビューとしてリアルタイムで表示されるとき、
このProPhotoRGBの色空間を持っているのですが、
パソコンのモニターはsRGB相当の色空間しか表現できないので、
sRGBの色空間に変換して表示されます。

さて、処理が終わって最終的な画像を出力するときに、
書き出し設定で色空間を指定しますが、
このときパソコンで見るだけならsRGBを、
印刷用の入稿データにするならAdobeRGBを選びます。

パソコンのモニターで見るだけなのにAdobeRGBで出力してしまうと、
sRGBで表現できない色の領域が、かってに変換されて意図しない色になったり
トーンジャンプが起こってしまいます。

色が目指した通りに表現できているかは、
最終的な出力をしないとわらないのです。

さて、Lightroomの機能に「ソフト校正」というものがあります。
これは異なる色空間をLightroom上でシュミレートする機能です。
扱っている画像をsRGBで出力したときにどうなるか、
自宅のプリンターでプリントしたときにどうなるか、
それをプレビュー画面上でシュミレート表示します。

筆者はこうしています。
撮影時はRAWとJPGの同時記録。JPGの色空間はAdobeRGB、
現像したデータの書き出しには、web用であればsRGB、
印刷用データであれあAdobeRGB。
Lightroomのソフト校正を使って事前にある程度仕上がりをチェック。
web用であれば書き出してみてさらに様子を見ます。

Peak2Peak 檢見﨑誠 / www.kemmisaki.com

ややこしい色空間

(2015年6月27日(土) 9:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ