サイタ趣味の習い事カメラ教室埼玉 おくむさし写真教室 スクールブログ フィルムとデジ...

フィルムとデジタル

フィルムカメラ時代の最後はペンタックス67Ⅱを使っていました。

本体、レンズとも重かったのですが大判プリントに耐えられるサイズが欲しかったので

頑張りました。

今現在、ニコンのデジタル一眼レフを使用していますが、画質、連写性能、重量等の不

満は無いのですが・・・

67のレンズは持っていたので、いつかは中判デジタルをと考えていたのですが、ペン

タックス645Zは手が出ません。しかし、645Dを借用してみて、またあの頃の

重さ、一枚を撮る重さ(大切さ)を思い出しました。

その勢いで645Dは購入しました。フィルムであろうがデジタルであろうが、撮りた

い気持ちはいつでも同じ。久しぶりにフィルム時代の感覚を思い出、初心に帰れた思い

です。

 

(2015年5月22日(金) 22:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

風景写真が得意、現在は里山がテーマ。撮りたい瞬間を逃さないコツ教えます

新着記事

奥武蔵の山々も新緑が出そろえて「山笑う」季節となりました。 この陽気に誘われ、林道を峠に向けて車を走らせると緑の香りに包まれます。 生命力を感じる一時に大満足。天気の急変で霧が流れ、あたりは濃霧に。 しかし、霧は邪魔な物を隠してくれるのでありがたいです。また、光を均等にして、...

もう厚いコートは必要のない季節になりました。 飯能市内でも桜の開花です。市立図書館前にある、1本の枝垂れ桜はほぼ満開。 地元にある桜は毎年撮影していますが、今春は地方の桜を見に行きたいです。 ただし、有名な桜は混雑するでしょうから、あまり知られていない桜に出会いたいと願 ...

今冬は星景写真(星+風景)を撮影するために、 シグマ15mmF2.8フィシュアイレンズを購入しました。 独特の歪みがあるレンズですが、その特徴を生かせば、 とても楽しいレンズです。 先日は、奥日光にて午後10時から一晩中撮影してきました。 雲も風も無く、湿度が低い...

夜空の星が綺麗に見える季節となりました。 午前2時、奥武蔵グリーンライン沿いの刈場坂峠には既に天体観測者数名がいました。 不意の光に注意して準備に入ります。まずは、ポータブル赤道義を北極星に向けてセッ トして追尾撮影しました。遠く北関東の夜景もありましたが、何とか避けられます...

私の住む奥武蔵地方は、今秋、柿、柚子、柘榴などが豊富に実を付けています。 ただ、家の軒先の木には収穫した様子がなく、そのまま放置され落下を待つばかりのよ うです。飽食の時代と言われて久しいですが、一昔前、柿などは自宅で食べるために植 えて、一部野鳥などのために残しておいたと言...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ