全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ D750のAF

D750のAF

サイタ写真講師のケンミサキです。NikonD750セッティング。ニコンのフルサイズ機D750。新しく購入された生徒さんがいらして、操作のレビューをいっしょにやってみました。

D750のセッティングのうち、AF関係を整理してみます。
最近のカメラではAFの設定がひじょうに複雑ですが、次のように考えてみてください。
 
1st ステップ AFモードの設定 AF-SかAF-Cか
 
 動かないものを、じっくり構図を考え、繊細なピントの合わせ方をする場合は、
AF-Sモードで、

 動く被写体を追う場合は、AF-AまたはAF-Cで、
 
2nd ステップ AFエリアの設定 シングルかエリアかダイナミックか

 静止している被写体や、
 ボケ味を生かすために繊細なピントの合わせ方が必要なときはシングル
 
 動く被写体を追うときはダイナミック
 
 グループエリアはピントを面で合わせます。
 ダイナミックAFよりもフォーカスの捕捉面積が広いので、
 不規則に動く被写体をより捉えやすい仕様です。
 これはとくに人物撮影の時、AF-Sと組み合わせると顔認識が働きますので、
 人物のスナップ写真には有効でしょう。
 お子さんの撮影には向いているしょう。
 
さて、最後に3Dトラッキングです。

 D750では、3Dトラッキングに設定すると、
 シャッター半押しで最初に捕捉した被写体を、
 その被写体が動いてフレーム内で位置が変わっても、
 カメラからの距離が変わっても、ずっと捕捉し続けるモードです。
 
 まず選択したエリアで被写体にピントを合わせます。
 シャッターボタン半押しをキープしている限り、フレーミングを変えても、
 被写体の側が動いても、フォーカスはその被写体を捕捉し続けます。

 これはなかなか便利であり、快感さえ覚えるモードです。
 まるで釣った魚に釣り糸が引っ張れれていくような感じです。
 人工知能がフォーカスを合わせてくれている感があります。
 
フォーカス関係でもうひとつ詳しいセッティングがあります。
「AFロックオン」の設定です。

一度フォーカスを合わせた被写体にどの程度「食らいつくか」の度合いです。
被写体とカメラの間に邪魔者が入りこんだとき、
その邪魔者にフォーカスを合わせないようにするためのセッティングです。

雑踏で人物を撮影するとき、カメラの前を人が通り過ぎるときに
いちいちAFが動いてしまっては煩わしいですね。

このような機能が働くのは、カメラが被写体の色や形状を見分けることができるからです。
最新のデジタルカメラは、ほんとうに凄いですね。

Nikonの上位機種D810は、ローパスフィルターレスで高解像度仕様。
性能をフルに引き出すには、細心の注意が必要です。
D750は、機動性を武器にガンガン攻めるカメラでしょうか。

画素ピッチがD810よりも広く、高感度性能はむしろ上です。
進化したAF機能を生かして、シャッターチャンスをものにできるカメラ。
写真家には強い味方となるでしょう。
 
Peak2Peak 檢見﨑誠 / www.kemmisaki.com

 

(2015年4月24日(金) 10:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ