全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ EOS M3レ...

EOS M3レポート

サイタ写真講師のケンミサキです。キャノンのEOS M3レポート。センサーのドット欠けがあったので、新品交換となりました。桜の撮影に連れ出して色々試し撮りしてみました。

まず、EOS M3でもっとも面白い機能は、クリエイティブアシストでしょう。
なにが面白いかというと、全自動オートの撮影モードでありながら、明るさ、色合い、コントラスト、彩度、被写界深度をコントロールできます。調整パラメーターは、タッチセンサーをオンにしていれば、背面液晶上でスワイプすることで直感的に操作できます。

調整した結果が反映された仕上がり画像は、リアルタイムで液晶で確認できるのだから、JPG撮影時には便利な機能。とくに被写界深度を確認できるのは便利です。

同じような機能は他社ではすでにありますが、これはキャノンユーザーとしては新鮮。またEVFでも同じことができるので、使ってみると確かに便利。HDR、ミニチュアライズ、魚眼風などの効果でもEVFで仕上がりを確認しながら撮影できます。

解像度は概ね良好。この価格帯のカメラでこれだけの画質が得られれば文句はない。高感度性能も1600まではJPG撮って出しで仕事でも使えそうだ。ダイナミックレンジも満足がいく。

やはり問題は操作性。まず起動が遅い。一眼レフのようなレスポンスは期待できない。省エネモードに入っている時、電源OFFなのか省エネモードなのかわかりにくく、ON OFFのスイッチを押してしまうことが多い。イライラ。

撮影中に背面の液晶の表示でタッチ操作をオンにしていると、知らない間に設定値が変わってしまうことがあるのでタッチ操作はOFFった方が良さそうです。

基本的にEVFを装着して撮影。撮影後の画像確認をオンにしていると、当然EVFでも撮影した画像が表示される。連続して撮影したい場合は、この設定をOFFにしないと、撮影後すぐにEVFが生の画像を見せてくれない。

EVFは見やすく、ピントもピーキングを上手に使えば合わせやすい。ただ前にも触れましたが、EVFの角度が容易に変わるのが煩わしい。

バッテリーは大きくなったけれど、EOSのEFレンズをアダプターを介して装着していると、あっというまにバッテリー切れ。
ISやオートフォーカスに消費する電力が大きいからだ。気をつけたほうがいい。

WIFI機能は使いやすい。iPhoneとの連携もスムーズです。

動画機能も充実。4Kこそ撮れないが、ひところ前の一眼動画を凌駕する。マニュアルでの露出もできるしシネマっぽい24コマ撮影もOK。ピーキングの機能が搭載されたので、動画の時にはありがたい。ただ動画撮影ボタンが使いにくい場所にあり、押しにくい。他のボタンに割り振る機能が欲しいところです。

スチール撮影時には、動画録画ボタンには他の機能を割り振っておく方が誤動作も防げて便利でしょう。

残念ながら、EOSD8000に搭載されたHDR動画、ジオラマ風動画はEOS M3にはありません。

まとめ:EOSのミラーレス一眼として正常進化しています。機能的にはあまり欲張らずに、堅実な印象です。小さなボディに詰め込まれた質の高いシステムだと思います。EOSシリーズを使っているユーザーには、強力なサブ機となるでしょう。

ただEOSシステムを使っていないユーザーへのアピール度は、いまひとつ。キャノンはこれからミラーレスに力を入れていくと発表されていますので、今後の展開が楽しみです。

作例左 : EOS M3 EF 24~70mm F4 ISO200 1/200 F5.0 ホワイトバランス、ピクチャースタイルいずれもオート JPG撮って出し。

作例中央はその部分拡大。(中央よりやや左上の部分)

作例左は、ノイズリダクション標準でISO1600、JPG撮って出しの部分拡大(作例中央と拡大率は違う)。


Peak2Peak 檢見﨑誠 / www.kemmisaki.com

EOS M3レポートEOS M3レポートEOS M3レポート

(2015年4月10日(金) 23:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ