全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ サクラ写真

サクラ写真

サイタ写真講師のケンミサキです。桜・写真。東京もそろそろ桜の季節です。3月23日、ソメイヨシノより少し早く咲くエドヒガンサクラが、世田谷の多摩川べりで咲いていました。周囲のソメイヨシノはまだ蕾だけなのに、このエドヒガン一本だけ満開。小さな子供を連れた若いお母さんがシートを敷いてお花見をしてました。サクラの花は、写欲をそそる被写体ですね。

サクラの花びらの淡い色合いを上手に撮るためには、お天気過ぎない方がいいでしょう。強い光ではコントラストが強くなってしまいます。

白トビしないように露光をかけながら明るめの仕上がりで、ハイライトの描写を重視した処理をしましょう。露出補正をプラスにかけ、補正量を変化させながら何枚か撮影してみましょう。彩度をあげる時は、赤系統の色の飽和に気をつけましょう。

ほとんどの場合は、桜の花を見上げるポジションからのアングルでしょう。花びらの質感は、少し逆光気味の光線の方がよく描くことができます。

ひとつひとつ花のクローズアップにしするか、花を集団のマッスとして捉えるか、風景の中にサクラを配置するか、同じサクラの写真でもいろいろなアプローチがあります。

作例では、縦位置にして、草原の緑を画面の下半分に配置し、画面の外から枝と花々が垂れ下がるような構図にしました。まるで 掛け軸の絵のような感じです。画面の切り取り方次第で、写っていない桜の樹の全体を想像させることができます。

この春は、クローズアップだけでなく、構図に一工夫してサクラ写真に挑戦してみましょう。

構図のとりかた、被写体の切り取り方はレッスンでより詳しく。

檢見﨑誠  Peak2Peak / www.kemmisaki.com

サクラ写真

(2015年3月24日(火) 20:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ