全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ 三脚の使い方

三脚の使い方

Cyta写真講師のケンミサキです。三脚の使い方。三脚はじつはカメラやレンズと同じくらい重要な機材です。自分の機材の重さにあったしっかりした三脚を使うのが理想です。どのような三脚を選ぶべきか、それは別の機会にお話しするとして、ここではすでに今お持ちの三脚をより的確に使う方法をご説明します。

三脚は、自然に立った時の、自分の目線のレベルにカメラがセットできる高さを確保できるものが望ましいでしょう。すでにお持ちの三脚の高さが低い場合、脚を目一杯伸ばし、またセンターポールを伸ばして無理して高さを稼ぐのは止めてください。安定が損なわれ転倒につながります。またせっかくの三脚なのに、振動しやすくなってブレてしまいます。

三脚の足を伸ばして広げるとき、どのようにしていますか。まずカメラのおおよそのアングルを決めます。その高さに三脚のヘッドを持ち上げて地面に届くまで足を伸ばします。無闇に足を伸ばし立ててから調整するよりもスムーズにセットできます。伸ばす時は太い方から。高さが足りない場合はセンターポールを伸ばします。それでも足りない時は、致し方ありません。諦めてください。センターポールを伸ばしたら、がたつかないようにしっかりとネジを締めてください。

三脚を立てるときは全開より少し足を開き気味にして立てます。そうすることで、三本の足が閉じようとする力が働き、地面をよく捉えます。

三脚の足の位置はどうしたらいいでしょう。設置地面の形状や、その場所の環境にもよりますが、レンズが向いている方向に一本を出すのが基本です。柵にギリギリに近づきたいときなどは、この限りではありません。臨機応変に。

また不整地の場合は、雲台がなるべく水平になるように、それぞれの脚のながさを調整しましょう。

カメラを乗せるとどうしても重心が高くなってしまいます。重心を低くするためにセンターポールにフックがついていて重りをぶら下げたり、ストーンバッグが取り付けられるものがあります。活用しましょう。

もしフックもストーンバッグもない場合、アイデアとして、自転車の荷台に荷物を固定するゴムバンドを三脚の雲台あたりにひっかけて、足で反対の端を踏んで三脚を地面に引っ張る方法がありあす。なかなか安上がりでいいです。

さて、せっかく良い三脚を適切にセットしても、カメラのストラップがブラブラしていませんか。風でストラップが揺れるとカメラがブレてしまいます。長時間同じ場所で撮影するときには、マジックテープなどを使ってストラップも固定しましょう。

最後に、スローシャッターを切るときには、一眼レフなら必ずミラーアップで撮影します。またはライブビューの状態で撮影しましょう。ミラーの振動が影響しないようにします。

(長時間のライブビューは、撮像素子に負荷をかけます。バッテリーの減りも早くなるので、こまめに切り替えましょう。)


最後に、三脚使用時の手振れ補正はONかOFFか。

原則としてOFFにするのがいいとされています。
通常の手ぶれのブレの動きと、三脚使用時のブレの動きは性質が違うので、手振れ補正機能が誤動作をすることがある、ということです。

ただ、キャノンとNIKONでは手振れ補正機能(ISとVR)搭載のレンズ(一部を除く)で三脚を使用すると、ブレの動きを感知して自動的に、キャノンではIS機能をOFFに、ニコンでは三脚使用時専用のブレ補正モードになる、ようになっていますので、三脚、一脚使用時にもONのままで構いません。

他のメーカーではOFFにすることを勧めています。

Peak2Peak 檢見﨑誠 / www.kemmisaki.com

三脚の使い方

(2015年3月2日(月) 16:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ