全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ ヒストグラムを...

ヒストグラムを見よう

Cyta写真講師のケンミサキです。ヒストグラムの見方は、意外と簡単です。カメラの液晶でも表示できます。なにを表しているのか、簡単に説明します。

ヒストグラムは画面のピクセルの明るさの分布をグラフにしたものです。左が暗く、右が明るいところを、
縦軸はピクセル数の多さです。つまりどの明るさのピクセルがどのくらいあるかを表しています。

例ではカラーチャートの中のグレースケールだけを抜き出してヒストグラムを表示させています。

左が撮影したままの状態です。中央と右は、Lightroom上で白レベルと黒レベルを調整したものです。
グレーに表示された山が6個あるのがわかりますね。
(一番左にはピークが二つありますが、これはスケールの各濃度の間にある黒縁を表しています)

なにが違うでしょうか。

左画像のヒストグラムに注目してください。
グラフの左と右にスペースがありますね。

デジタルはもっとも明るいところから暗いところまでを255に区分して表現しています。この左の状態では、画面の中にもっとも暗いピクセルが存在していない、同じように左のほうにスペースがあるということは、もっとも明るいピクセルが存在していない、ということを表しています。
確かにスケールを見てみると、黒が少しグレーに見えますし、白も少し濁って見えます。

中央の画像では、ヒストグラムのグラフは左右に山がよっています。これはもっとも暗いピクセルと明るいピクセルが画面の中にある、ということです。スケールを見てみると、確かに黒はより黒く(暗く)、白はより白く(明るく)なっています。

さてこのとき、なにを調整したかというと、それぞれの画面右の下にある「白レベル」「黒レベル」が変更されているのがお分かりになると思います。

つまりこの二つのパラメーターは「白レベル」=白をより明るく、「黒レベル」=黒をより暗く、する調整です。

これを中央の画像ようにすると、画面の中の暗い部分(黒い部分)がより暗く(黒く)、明るい部分(白い部分)はより明るく(白く)表現されます。

さてもうお分かりだと思いますが、左のほうがコントラストが低いですね。中央のほうがコントラストが上がっています。その分、メリハリのある画像になっています。

さて右の画像ではさらにコントラストがついています。ヒストグラムを見ると、グラフ横軸の左と右にピクセルの分布の山がはみ出してしまっています。これはデジタルが描くことができる明るさの範囲を超えているピクセルが存在しているということです。明るい方のこのはみ出している部分を「白飛び」、暗いほうではみ出している部分を「黒つぶれ」といいます。

こうなると、はみ出した部分には信号がありませんので、何も表現できなくなります。つまりただのベタな黒と白なのです。

さてヒストグラムとは、このように画面の中にあるピクセルを明るさの分布としてグラフ化したものです。右左にグラフがはみ出していたら、白飛び、黒つぶれがあるということ。グラフが大きくどちらかに偏っていたら、露出が明るすぎる、暗すぎるこ場合があります。グラフが中央に集まっていたら、コントラストが低い、左右に分かれていればコントラストが高い。おおよそそのような判断がつきます。

撮影時に確認することで、露出値を決める判断材料となります。また現像時にヒストグラムを見ながら明るさやコントラストの調整をすると処理で破綻することを防ぐことができます。

詳しくはレッスンで。

Peak2Peak 檢見﨑誠 / www.kemmisaki.com

ヒストグラムを見ようヒストグラムを見ようヒストグラムを見よう

(2015年2月22日(日) 13:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ