全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ Faceboo...

Facebookのカバー写真

Cyta写真講師のケンミサキです。Facebookへの投稿写真のサイズは、何が適正でしょうか。(カバー写真編)

まずFacebookのカバー写真ですが、PCでは、横851 x 縦315ピクセルで、一方スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセルでページに表示されます。

パソコンの表示はかなり横長ですので、撮影した写真をトリミングして使うことになります。

ここで問題になるのが、スーマートフォンとPCとで縦横比が違うので、PCのかなり横長の比率にピタリと合わせてトリミングした写真を使う場合、スマートフォンでは横方向をトリミングして使うことになってしまいます。写真はトリミングによってかなり印象が変わってしまう場合が多いでしょう。

例えば空と海などが写っている風景写真をカバーに使う場合、画面全体の中での空や海の比率がとても大切です。せっかくいい感じでトリミングしてもスマホ表示ではバランスが悪くなることもあるでしょう。

では具体的にやってみましょう。

*カバー写真を851x315ピクセルでアップした場合
→PC上では思い通りのレイアウトになって表示されます。
→スマートフォン上では、天地315ピクセルをフルに表示させるために左右がトリミングされます。またスマホの表示サイズは縦が360ピクセルなので、315ピクセルしかないものを360ピクセルで表示、つまり1.14倍に拡大された状態で表示されますので画質が少し落ちてしまいます。

*カバー写真を851x360ピクセルでアップした場合
→PC上では天地にすこし余裕があるので、Facebook上で「カバー写真の位置を調整」できます。
→スマートフォン上では、天地はぴったりですのでそのまま、左右が約105ピクセづつルトリミングされます。

*カバー写真を640x360ピクセルでアップした場合
→PC上では横サイズが足りないので拡大表示されて画質が落ちます。
→スマートフォン上では、縦横ともにぴったりですのでそのまま表示されます。

PCとスマホ両方の画質を優先するなら二番目のサイズでアップするのがいいのではないかと思います。
もちろんより大きなサイズをアップしてFacebook上でリサイズすることも可能ですが、効率が悪いですね。

じつはスマホのカバー写真の縦横比は16:9です。つまりハイビジョンの縦横比と同じです。
考察してみると、現在パソコンのモニターは16:9ですので、FacebookとしてPC上でカバー写真を16:9の比率で表示させるとタイムラインが頭でっかちに表示されてバランスが悪いと判断したのかもしれません。

二番目のサイズより大きくなりますが、851x478ピクセル(16:9の比率)の写真を作りアップするとPC画面でレイアウトの幅がより広くなり、また双方で画質が落ちません。

いずれにしても、オリジナルの写真をどのような比率で、どのようなトリミングで見せるか、ちょっと意識してみてください。

様々な用途に適したJPGデータの作り方はレッスンで。


Peak2Peak 檢見﨑誠 / www.kemmisaki.com


Facebookのカバー写真

(2015年2月22日(日) 9:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ