全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ ピクチャースタ...

ピクチャースタイル

Cyta写真講師のケンミサキです。ピクチャースタイル(キャノン)、ピクチャーコントロール(ニコン)、クリエイティブスタイル(ソニー)とメーカによって呼び方は様々ですが、これらはいずれもカメラ内で出来上がりのJPG画像のスタイルをコントロールする機能です。

ここでまず押さえておかなければならないことは、これらはすべてJPGでの記録で有効な設定だということです。RAWではアプリケーションに読み込んでからこれらの設定を選んで現像します。

デジタルカメラはすべて撮影したデータをRAWで記録し、それをJPGに変換します。このとき RAWデータを捨ててJPGのみ記録するのがカメラのJPG記録の設定です。

この「JPGへの変換」の際の基本設計が、各メーカーでカメラに搭載されているピクチャースタイル(キャノン)、ピクチャーコントロール(ニコン)、クリエイティブスタイル(ソニー)です。

では試しにキャノンEOSで撮影したRAWデータをLightroomに読み込んでピクチャースタイルを変化させて現像、同じ写真を二通りで出力してみます。
左が「風景」、右は「ニュートラル」です。

Cytaのサイトでは、オリジナルの写真データをさらに変換してこのページに掲載していますので、正確な比較にはなりませんが、ピクチャースタイルの傾向はお判りいただけると思います。

RAWで撮影すると、これらの変換作業をご自身で行うことができます。レッスンでは、RAW現像のやり方について詳しくレクチャしています。

Peak2Peak 檢見﨑誠 / www.kemmisaki.com

ピクチャースタイルピクチャースタイル

(2015年2月20日(金) 4:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ