全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室京都 ブログフォトレッスン スクールブログ カメラの画素数...

カメラの画素数の値はいくらがいいの?

デジタルカメラが出始めの頃、100万画素・200万画素ある時300万画素が発売されて私はソニーのコンパクトデジタルカメラを買った記憶があります。もう10年位前でしょうか?

当時は300万画素ってすごかったのです!
画素数の大きさの違いはプリントした写真の美しさの違いでもありました。

当時はネットの中より、プリントが主でしたのでどうしても「キレイに印刷」が重視されて
いました。だから当時の300万画素というのはそれはそれは「高画質」だったのです。

ところが今となっては300万画素なんて…。
現在のコンパクトデジタルカメラは1000万画素を超えるものが多くなっており、
写真の使用もプリントよりブログやホームページ・フェイスブックとパソコン内で
閲覧するのが主となっています。

またプリントするにあたり1000万画素もあればA4以上にしなければ十分過ぎるほど
画質はいいので現代においてデジタルカメラの画素数はあまり考えなくてもいいようになりました。

当然売り場ではまだまだ画素数の高いカメラが販売されていくと思いますが、
正直そんなに気にしなくてもいいかと思います。

本当にカメラの進化は早いものです。それではまた!

 

(2015年1月23日(金) 14:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

テレビ局にて長年映像を制作。子供や建物、ブログ用の写真はお手の物!

ブログフォトレッスン
河村元春 (カメラ)

山科・大津京・堅田・安曇川

ブログ記事 ページ先頭へ