サイタ趣味の習い事カメラ教室京都 ブログフォトレッスン スクールブログ カメラ以外の付...

カメラ以外の付属品 何があればいい?

カメラ以外で必要なもの…。プロでも趣味でもほしいものは沢山ありますね。
本当にきりが無いです。

でも超初心者の方は慌てて一度に揃えるようなことはしないで下さい。
多分カメラ屋さん(量販店でも)に行くと あれが必要、これが必要と結構進められ
知識がないからついつい買ってしまう。これはもったいない!

で、最低限あればいいものを記載します。

まずは「メモリーカード」です。
このメモリーカードがなければ撮影はできませんね!
メモリーカードってSDカードやコンパクトフラッシュ・メモリースティック等のことですよ。

そしてカメラの機種によって使用できるメモリーカードも違いますから確認が必要です。
基本購入時には同梱されていない場合が多いです。(セールなどでサービスとしてついている時もあります)


そしてストラップ。これは同梱されている場合が多いので必ず装着しましょう!
特に一眼レフカメラを使用する際に首から下げたり、手首に巻くなどして、不意の落下に備えましょう!

あとよく聞かれるのは外付けのストロボや三脚です。
内蔵ストロボがあるカメラをお持ちの方はとりあえず購入せず、そのまま使用しましょう。

三脚は日頃撮影をしていて「三脚があればなぁ…」と5回以上思えば購入をお勧めします。(5回以上の根拠はありませんが…)
プロカメラマンは基本三脚を多用しますので必需品ですが、
超初心者の方にはかえって面倒なことになります。
理由は安い三脚だと水平がなかなか合わずイライラしてしまい結局使用しないようになるからです。

まずはたくさん撮影をして下さい。そうすればおのずと「こんなものがあればいいな~」って気づきがあります。
その時に初めて購入を検討して下さい。 それではまた!

 

(2015年1月22日(木) 14:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

テレビ局にて長年映像を制作。子供や建物、ブログ用の写真はお手の物!

新着記事

撮影する前に「記録画質」を設定することはとても大切です。 「そんな設定したことがない」・「それ必要なの?」・「買ったまま何もしていない」 この様な声が聞こえてきそうですが…。 記録画質の設定でメモリーカード内の撮影できる枚数が変わります。 単純に写真1枚のデータ量が重いか軽いかの違...

デジタルカメラが出始めの頃、100万画素・200万画素ある時300万画素が発売されて私はソニーのコンパクトデジタルカメラを買った記憶があります。もう10年位前でしょうか? 当時は300万画素ってすごかったのです! 画素数の大きさの違いはプリントした写真の美しさの違いでもありました。 ...

カメラ以外で必要なもの…。プロでも趣味でもほしいものは沢山ありますね。 本当にきりが無いです。 でも超初心者の方は慌てて一度に揃えるようなことはしないで下さい。 多分カメラ屋さん(量販店でも)に行くと あれが必要、これが必要と結構進められ 知識がないからついつい買ってしまう。これは...

「カメラ選び?スマホで十分だよ!」そんな言葉が聞こえてきそうですがまあまあ…。 確かにスマホって便利ですね。鞄やポケットにスッと入って、スッと取り出せすぐに撮影できる。 別にカメラを持って、スマホも持っていると確かに荷物になるかも…。 でも従来からあるカメラはとってもいいんです! ...

結論=楽しいです。とは言ってももちろんそうでない人もたくさんおられます。 でも少なくともこのブログをお読みなっている方は恐らく「楽しい」と感じるグループに 入ると思います。 楽しくない人の理由…   ①写真は撮るけど旅行に行ったときくらい 写真は旅行中に名所や家族・友人をパシパシ...

ブログ記事 ページ先頭へ