全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室埼玉 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「2014.1...

「2014.12.30~ 年末年始の富士山撮影 18」52解説

*** 2015年1月16日・・・2015年1月4日 今日の夕方は、焼けました~ ***

一応月齢13.1の「月」も考えながら良い雲の発生を期待して・・・
静岡側へ移動し待機・・・
何と昨日とは比べられない程富士山が焼けてきました~
なるべくアンダーで撮影を試みた1枚です!

・Point:ホワイトバランスは、「太陽」モードを選択⇒朝晩はこのモードが本来は一番綺麗になります。
露出補正はアンダーですが、段階撮影していきます。ハッキリ明暗が分かれるようにここでは「評価測光」にしておきます。No.48やNo.49は月があるための適正露出(+側)で、ここでは評価測光の値からアンダーにして赤を強調させます。もちろんISOは50に切り詰めての撮影です。画質重視ですね・・・

撮影データ:Canon EOS 5D Mark II

2015.1.4.SUN.16:39

富士宮内野

絞り優先=f36
露出時間=2分の1秒
ISO=50
露出補正=-1.0
焦点距離=183mm
測光モード=評価測光
ホワイトバランス=太陽
ピクチャースタイル=風景【シャープネス7・コントラスト4・色の濃さ4・色合い-4】

*** 秒単位で陽の差し込む位置が上へ上へあがっていくのが分かりますね~撮影がなければのんびり眺めているのも幸せです。
注意:ライブビューで見るのと撮影後モニター確認の映像は明るさが違います。つまり希望の適正露出かどうかは、パソコンのバックライトの強さによっても違うので段階別に保存しておくのがよいでしょうね~ ***

「2014.12.30~ 年末年始の富士山撮影 18」52解説

(2015年1月16日(金) 7:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

誰でも撮れるカメラ教室
QA.AKIYAMA (カメラ)

児玉・倉賀野・高崎・熊谷・籠原・深谷・本庄・神保原・高崎問屋町・新前橋・前橋・駒形・...

ブログ記事 ページ先頭へ