サイタ趣味の習い事カメラ教室群馬 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「2014.1...

「2014.12.30~ 年末年始の富士山撮影 9」㊸解説

*** 2015年1月7日・・・2015年1月1日 夜の河口湖 ***

いよいよ富士山に近付き撮影を・・・
さすがに本栖湖などはまだ混雑していそうなので、人のいない湖北ビューラインから撮影しました。
ワンシャッターのみで決まりました~

・Point:車のヘッドライトに邪魔されないスペースと角度を考えセッティング~
ホワイトバランスは、白熱電球で冬の夜空の雰囲気を強調します。
問題はISOと絞り値ですね~
ISOは基本的に第一発目は400をチョイス!
絞り値は基本f5.6にしますが、薄雲や星の軌跡を表現するにはやや絞り込んでf8.0を選択しました~
月齢も10.1ありますから多少助かります。
特にデジタルカメラは街頭の光などすぐに露出オーバーになりますから、月明かりに照らされない富士山はかなり長時間露光にしないと写らないため街明りはほとんど露出オーバー覚悟です。・・・もちろん感度を上げれば写りますが大きく引き伸ばす写真としては使えなくなりますので・・・月明かりは重要なポイントになります。

撮影データ:Canon EOS 5D Mark II

2015.1.1.THU.20:25

河口湖 湖北ビューライン 大石公園手前(東側)道路~

バルブ撮影=f8.0
露出時間=180秒
ISO=400
露出補正=なし
焦点距離=52mm
測光モード=中央重点測光
ホワイトバランス=白熱電球
ピクチャースタイル=風景【シャープネス7・コントラスト4・色の濃さ4・色合い-4】

*** バルブ撮影は、露出計が使えませんから経験だけです。しかし、基本が分かっていればすぐに応用が利きますので・・・こんな写真の学習も御一緒できれば楽しいですね~ ***

「2014.12.30~ 年末年始の富士山撮影 9」㊸解説

(2015年1月7日(水) 0:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

新着記事

【ここでの写真】元旦の「ダイヤモンド富士」はカメラマンでごった返していますがここは誰もいない・太陽も「ど真ん中」の場所・オリジナルの場所を探そう~【現在良いソフトも多いので毎日「場所」や「時間」も正確に特定できます】 ダイヤモンド富士:365日富士山が見えていれば毎日2回(朝夕)チャンス...

*** 2015年3月3日(記)・・・今年2015年はイタリアのミラノにて万国博覧会が開催されます・・・ *** 概要 *** 誠に恐縮ではありますが、日本のアーティスト代表として出展依頼があり富士山の作品を拙作ながら出展させていただくことになりました。(笑) *** ***...

*** 2015年1月18日・・・2015年1月4日 せっかくの「月」ですから撮影を・・・ *** フィルム撮影ならば、意外と難しくありません。フィルム感度と絞りを考えるだけで・・・ 敏感なデジタルカメラは非常に難しくなります~何故ならばこの時間になると「月」と「富士山」の露出がまった...

*** 2015年1月17日・・・2015年1月4日 残照・寸光が綺麗で・・・ *** 真っ赤に焼けた富士山の撮影が終了し、眺めていると最後の光が強く輝いていて・・・ これこそが傑作になると・・・ ・Point:思っている以上にアンダーにして撮影です。これはフィルム撮影でも同じこ...

*** 2015年1月16日・・・2015年1月4日 今日の夕方は、焼けました~ *** 一応月齢13.1の「月」も考えながら良い雲の発生を期待して・・・ 静岡側へ移動し待機・・・ 何と昨日とは比べられない程富士山が焼けてきました~ なるべくアンダーで撮影を試みた1枚です! ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ