全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室群馬 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「2014.1...

「2014.12.30~ 年末年始の富士山撮影 4」㊳解説

*** 2015年1月2日ですが・・・2014年最後の朝陽 ***

いつもの富士山が見えている・・・どのように撮影するか?
夜明け前の澄み切った空気を捉えようと・・・久しぶりの「黎明富士」を綺麗に撮ろうと・・・
しかし・・・あまり綺麗ではない・・・
その後太陽が・・・夜明け前の赤さと比べるとオレンジがかってきたのでぼやけてしまうかな?と・・・
ところがいい感じに・・・
慌てて撮影した1枚です!

・注意点:太陽など光の強いものを撮影する場合フィルムとの大きな違いは、コントラストを下げて撮影しないとデジタル特有のザラツキが目立ちます・・・この点はフィルム撮影がいいですね~

撮影データ:Canon EOS 5D Mark II

2014.12.31.WED.7:07

南アルプス市から増穂町の平林にて撮影(赤石温泉への入口付近)

絞り優先=f20
露出時間=1/8秒
ISO=50
露出補正=+0.7
焦点距離=109mm
測光モード=中央重点測光
ホワイトバランス=太陽
ピクチャースタイル=風景【シャープネス7・コントラスト-4・色の濃さ4・色合い-4】

*** 2015年も素晴らしい景色に出合えることと、多くの感動に期待します。 ***
*** 気軽に写真仲間として勉強していきましょう! ***

「2014.12.30~ 年末年始の富士山撮影 4」㊳解説

(2015年1月2日(金) 4:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

誰でも撮れるカメラ教室
QA.AKIYAMA (カメラ)

児玉・群馬藤岡・倉賀野・高崎・熊谷・籠原・深谷・本庄・神保原・高崎問屋町・新前橋・前...

ブログ記事 ページ先頭へ