全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ 高画素カメラ撮...

高画素カメラ撮影のスタイル

Cyta写真講師の檢見﨑です。年末にはいつもクリスマスイルミネーションをしています。大掛かりなイルミネーションの施工会社からの依頼で、東京都内のイルミネーションを撮影して回ります。毎年この仕事を終えないとクリスマスがやってきません。

イメージ写真ではないので、客観的な画像が求められます。イルミネーションの全体像とディテールがきちんと判るように、また設置されたイルミがどんな場所にあるのか、周辺も入れて撮影しています。

苦労するのはホワイトバランス。ホワイトバランスを正確にとってしまうと、逆にイルミネーションの色が表現できないのです。

例年はキャノンのEOSを使っていましたが、今年は現在一眼レフでもっとも高画素なカメラのひとつNIKON D800をメインに使いました。

そして気がついたことは、このカメラが作り出すディテールの豊富さ。大きなクリスマスツリーの全体を撮影しても、その部分を拡大してみると、破綻なく細やかなディテールが写っています。トリミングして十分使えます。このことは、撮影のスタイルをも変えるでしょう。

2015年にはキャノンEOSの高画素機も登場すると言われています。デジタルカメラは高画素が全てではありませんが、我々には大きな武器であることは確かです。ただし、データは重いです。D800をRAWからTIFFにオリジナルサイズで書き出すと、1カットおおよそ100MBにもなります。要注意ですね。

写真は銀座ミキモト本店のクリスマスツリーです。同一カットを等倍でみてみみました。

高画素カメラ撮影のスタイル高画素カメラ撮影のスタイル

(2014年12月27日(土) 0:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ