全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ Webショップ...

Webショップ用の撮影<その2>


Cyta写真講師の檢見﨑です。Webショップの商品撮影のポイント。撮影環境が整ったら、次はどのように撮影するかです。留意すべきことは、①商品の質感、素材感を
大切にする 、②シンプルに撮る、③ディテールにこだわる、です。

①質感、素材感を引き出すには、照明の工夫が必要です。
②要素が多すぎたり、説明的になりすぎると、商品は魅力的に見えません。シンプルに撮影し、あとは見る人に想像してもらいましょう。
③細部を撮ることで、こだわりが表現できます。写真を何点か組み合わせてみせる時には、ディテールをシンプルに切り取った写真も有効です。

照明はシンプルが一番。太陽の明かりを想像してライトを当ててください。影が強すぎる場合は、白い板(レフ板)などで影に光をあててください。

複数枚の写真を使う場合には、商品が魅力的に見える角度を探して、日常の目線とは少し違ったアングルから撮影するものいいでしょう。

レッスンでは、簡単なミニスタジオの作り方から、撮影した商品写真のデータ管理、HP用画像の出力方法まで、詳しくレクチャします。

 

(2014年12月16日(火) 15:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ