サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ RAWデータに...

RAWデータにおけるノイズ処理

RAWデータで撮影してアプリに読み込むと、ノイズの多さに驚くことがあります。
JPG撮影の場合、カメラが上手に処理をしてノイズを消してくれているので、気が付かないだけなのです。カメラのセンサーに負荷がかかると、つまり暗い部分の信号を増幅するとか、長時間露光するとか、必ず発生しています。

雪山をRAWで撮影してJPGに出力します。2枚並んでいる写真のうち、ノイズ処理を全くしないでJPGに出力したものが左、処理したものが右です。左側では斜面の影になった部分にカラーノイズがあるのがわかります。ISO感度は100で撮影しています。使っているカメラの性能にもよりますが、こんなに明るい風景でもノイズは出ているのです。

つまり、ノイズ処理(とシャープネス処理)のさじ加減ひとつで、出来上がりの画像には随分と差がでるというわけです。上手に処理してヌケの良い、クリアーな写真に仕上げたいものですね。

RAWデータにおけるノイズ処理RAWデータにおけるノイズ処理

(2014年11月10日(月) 23:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

新着記事

星の撮影は、意外と簡単にできるようになりました。 デジタル写真の強みを生かして、かんたんな星の撮影に挑戦してみませんか。 星そのものの撮影は天体写真ですが、星空と地上の風景を一緒に写し取る写真は 「星景写真」という分野です。 方法はシンプルです。三脚にしっかりカメラを固定し、 ...

サイタ写真講師のケンミサキです。先週末、東京荒川にあるカフェパン屋さんBLDでのトークイベントに参加、写真と山登り、山の本についてお話をさせていただきました。 BLDは下町にある素敵なパン屋さん。雑誌やテレビでもよく紹介されるお店です。パン屋さんの奥がカフェになっており、音楽ライブやトー...

サイタ写真講師のケンミサキです。雪の色は?雪の色は何色でしょうか。実際に目にしている雪景色は、ほとんどの場合モノトーンですが、ホワイトバランスの調整で少し青っぽく表現することが多い様です。日が差している場合は、人間の目にも影になっている雪面は青っぽく見えますね。 デジタル写真では、シャド...

サイタ写真講師のケンミサキです。Lightroom導入時の注意点。個人レッスンで最近Lightroomの使い方をレクチャする機会が増えました。初期のバージョンから使っていますが、最近のバージョンではこれまでLightroomの最大の欠点と言われていた色空間の問題もある程度解決策が講じられ、より...

サイタ写真講師のケンミサキです。カラーマネージメントについて。今日はプロ用の映像機器会社EIZOのセミナーを受講してきました。アドビのCameraRAWを使ったRAWデータの扱い方と、モニターキャリブレーション、プリンターのカラーマネージメントがテーマでした。 結論から言うと、あらためて...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ