サイタ趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ iPhoneの...

iPhoneの進化

先週末、iPhoneで撮影した写真をSNSに投稿したら、
「いいね」をたくさんいただきました。

iPhoneのカメラは今や初期の頃のデジタル一眼レフを凌ぐとも言われていますが、
使い方によってはたいへん良い写真を生み出してくれます。

そのiPhoneカメラですが、iOS8になってさらに進化しています。まずフォーカスエリアを選択すると太陽マークが現れ、それをスワイプすると露出の調整ができます。
カメラはフォーカスが合った場所の明るさを測りますが、
iOS8からは「露出補正」ができるようになったわけです。

また長押しすることで、AF/AEロック機能が作動します。
デフォルトのアプリではなく、APPでより高機能のカメラアプリをインストールすれば、一眼レフカメラのようにすべてをマニュアルで設定することも可能ですが、
標準搭載のカメラアプリでここまでやってくれるのは嬉しいですね。また撮影後の編集機能もiOS8でバージョンアップしています。

カメラ機能としては、「タイムラプス」撮影機能が搭載されました。これは最近Youtubeなどの動画投稿サイトで流行している動画のスタイルですが、コマ落とししたような映像で、時間を短縮してみせるものです。カメラを固定して撮影すると、被写体によってはたいへん面白い映像が得られます。

iPhone撮影では、なんといっても機動力、速写性が武器。
構えないで感覚的に撮影することで、
そのときの気持ちや雰囲気、情景を上手に写真に描くことができます。
iPhoneは画像処理エンジンがとても優れています。
高性能なデジカメには解像度では劣るけれど、
撮影したデータを上手に変換してエモーショナルな絵作りをしてくれます。

iPhoneの進化

(2014年10月30日(木) 11:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

新着記事

星の撮影は、意外と簡単にできるようになりました。 デジタル写真の強みを生かして、かんたんな星の撮影に挑戦してみませんか。 星そのものの撮影は天体写真ですが、星空と地上の風景を一緒に写し取る写真は 「星景写真」という分野です。 方法はシンプルです。三脚にしっかりカメラを固定し、 ...

サイタ写真講師のケンミサキです。先週末、東京荒川にあるカフェパン屋さんBLDでのトークイベントに参加、写真と山登り、山の本についてお話をさせていただきました。 BLDは下町にある素敵なパン屋さん。雑誌やテレビでもよく紹介されるお店です。パン屋さんの奥がカフェになっており、音楽ライブやトー...

サイタ写真講師のケンミサキです。雪の色は?雪の色は何色でしょうか。実際に目にしている雪景色は、ほとんどの場合モノトーンですが、ホワイトバランスの調整で少し青っぽく表現することが多い様です。日が差している場合は、人間の目にも影になっている雪面は青っぽく見えますね。 デジタル写真では、シャド...

サイタ写真講師のケンミサキです。Lightroom導入時の注意点。個人レッスンで最近Lightroomの使い方をレクチャする機会が増えました。初期のバージョンから使っていますが、最近のバージョンではこれまでLightroomの最大の欠点と言われていた色空間の問題もある程度解決策が講じられ、より...

サイタ写真講師のケンミサキです。カラーマネージメントについて。今日はプロ用の映像機器会社EIZOのセミナーを受講してきました。アドビのCameraRAWを使ったRAWデータの扱い方と、モニターキャリブレーション、プリンターのカラーマネージメントがテーマでした。 結論から言うと、あらためて...

ブログ記事 ページ先頭へ