全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室東京 小さな写真・教室 スクールブログ ミラー

ミラー

ミラーレス一眼を使っている方が増えました。
古い世代のカメラマンから見ると、
それは一眼レフカメラのミラーをなくしたもの、
なのですが、ミラーレスカメラで本格的に写真を撮り始めた方には、
そもそもミラーってなんだ?と、その存在を知らない方が多いかもしれません。
いうまでもなくミラーは、レンズを通して入ってくる光を鏡で反射させて、
光学ファインダーに導くものです。
一眼レフは「眼が一つ」の「レフレックス」タイプのカメラということです。
一つのレンズ(光学系)を撮影用とファインダー用に兼用しています。
そのために、本来レンズに向かう光をミラーを使って反射させて、
ファインダーに写しているわけです。その時にプリズムを通過させて、
鏡でひっくり返った像を元に戻しています。

デジタルでは、撮像素子に写っている画像をリアルタイムに見ることができるので、
それが従来のファインダーの代わりとして用いられています。
光学ファインダーが必要ないので、「レフレックス」(反射させる機能)も要らない、
そこで「ミラーレス」なわけですが、
このところ、EVFという機能が搭載されたカメラに人気があります。
EVF、すなわちエレクトリカル・ビュー・ファインダー=電気的なファインダーです。
背面液晶の画像信号を別の光学式ファーンダーのような小さな覗き窓に写して
光学式ファインダーと同じような感覚で撮影しよう、という機構です。

背面液晶で構図を決めたりやピントあわせをする場合と比べて、
このファインダーを使うと何がメリットなのでしょうか。
それは、一言で云うと「カメラと自分の眼の一体化」だと思います。
液晶画面はモニターのようなもので、自分の眼が見ている画像というより、
カメラが見ている画像を目で確認している感じです。
一方、ファインダーで覗く場合、カメラという装置を通して自分が見ているような感覚
だと思います。
つまり、カメラとの一体感があるので、被写体を追いかけやすいし、
作図、構図により意識が行きやすいと思います。

光学式ファインダーしかなかった時代には、極端なローアングルやハイアングル、カメラを撮影者の目線から外しての撮影には大変苦労しました。
今は液晶がティルトするものもあるので、簡単ですね。
そんな時代にまた電気式とはいえ、ファインダーが復活してきているのは、
写真を撮る行為が本来的に持っているものへの回帰現象でしょうか。
ミラー機構がなくなると構造もシンプルになる、振動もなくなるので、将来的には今の一眼レフカメラの
ミラーは全て無くなる方向だと思いますが、ファインダーはしぶとく残りそうですね。

写真は、先月中旬に初雪の立山の稜線で撮影したウサギの足跡です。
ウサギは、ぴょんと飛び跳ねて歩くので、後ろ足の跡が前についています。
面白いですね。

ミラー

(2014年10月30日(木) 10:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

文藝春秋社の写真部所属を経て、フリーで活躍中。雑誌の紀行文の執筆も

小さな写真・教室
検見崎誠 (カメラ)

東京・新宿・高田馬場・目白・池袋・西日暮里・上野・秋葉原・有楽町・南浦和・赤羽・浦和...

ブログ記事 ページ先頭へ