全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室埼玉 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「2014.1...

「2014.10.12撮ってはいけない写真」㉞解説

***台風前で富士山に大きな笠雲や真っ赤な夕焼けを期待して・・・***

この写真は、記念写真として撮影したものだが、これはこれで良いかもしれない。
しかし、撮影に適した時間帯や状況というものがある。
無理やり撮影してもなかなか絵にならなかったりするものである。
(明暗の差がありすぎたり[デジタル=ハイダイナミックレンジ機能やフィルム=ハーフNDフィルターの使用もありかもしれませんが・・・]、光の利用が上手くいかない時には「現像ソフト」[様々なものがあります]でも利用しない限り絵になりません。何百回シャッターを切っても同じこと・・・出直してきた方がいい場合や時間帯をずらしたり、ターゲットを変えての撮影が良いでしょうね!)

この写真の参考データ:Av(絞り)優先f29・シャッタースピード1/10・ISO=50(画質重視)・露出補正+1.3(意外に暗いとカメラが認識してしまう:ただし白トビに注意=基本は白はオーバーで撮影・黒(黒つぶれに注意)はアンダーで撮影)・レンズ70mm・中央重点測光・ホワイトバランスは太陽光(青空がオートよりもきれいに表現可能)

フィルム撮影で昔の機材は、シャッタースピードは1/500まで 絞りも通常f22 で、つまりこの組み合わせで撮影するしかなかった。しかし、最近のカメラは高性能になったためシャッタースピードは1/8000まで可能 などとモンスターである。ISOは12800だって可能である。組み合わせも無数である。(昔は組み合わせも頭で数えられる程で情景がそうなった時に撮影していた。感度も50[実勢感度32]や100、たまに400のフィルムを使用)

何が言いたいかと・・・今のデジタルカメラは、どんな状況でもある程度撮影できてしまうが、絵に無理がある。
撮影した写真がいい加減でもパソコンで修正はある程度可能でもある。しかし、やはり大切な事は撮影時にしっかり撮っていないと絵に無理が生じてしまっているのである。

機能は機能として記録写真や報道写真、データ送信など非常に有効なものでもあるが、風景に関して言えば、ここだといった時に撮影しないと写真の力が発揮できないのではないでしょうか?

結局、この日の夕方は、ピーク時の17:30頃の約10分前に富士山が消えていってしまった~
夕焼けも起こらず・・・
富士山は非常に難しい山ですね~
(以前、北海道から撮影に来られていた方は、一週間滞在していて一回も富士山を見られなかったらしい・・・)

台風がくるので退散しました~

***風景写真は、待っている時間の楽しみ方も工夫次第でワクワクしますよ~コーヒーを淹れたり、情景を想像しながらセッティングを確認したり・・・友人と一緒ならば写真談義に花を咲かせてみてはいかがでしょうか・・・(くれぐれもゴミの片付けや立入禁止区域に注意し、時間帯によっては、近くに民家等あれば配慮して大きな声などを出さないようにして下さいね。)***

***注意)最近よく言われることは、写真の指導はマナーの指導からして欲しいとの声が圧倒的に多いです。特にハイアマチュアの方、もちろんプロの方でも撮影マナーが悪くなっているケースが目に留まります。是非、プロ、アマ関係なく皆様が楽しく心地よく撮影できる環境でありたものです。***

「2014.10.12撮ってはいけない写真」㉞解説

(2014年10月15日(水) 0:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

誰でも撮れるカメラ教室
QA.AKIYAMA (カメラ)

児玉・倉賀野・高崎・熊谷・籠原・深谷・本庄・神保原・高崎問屋町・新前橋・前橋・駒形・...

ブログ記事 ページ先頭へ