全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室北海道 一郎太のカメラ教室 スクールブログ 雨の日の撮影も...

雨の日の撮影も楽しく!

最近、札幌は天候が安定せずに、雨の日(ゲリラ豪雨)なんかも多いですが、
秋分の日を目指して天候が良くなってきました

雨の日というとなかなか外に出て撮影という感じがしないのですが、
雨の日ならではの撮影もできます



というような感じで、きれいな雨粒をとらえたりできます

ちょっと足元を見てみると、



草にたまった雨粒もきれいに写せます

さすがに土砂降りの雨の中だと撮影は難しいのですが、少しの雨くらいなら挑戦できるかもしれません

傘、タオル、ビニール袋などを準備していくのがいいでしょう
足元も長靴など、雨仕様で!

でも、雨の日だとカメラが濡れてしまう危険性がありますのでご注意を!

ちょっとした雨だとカメラとレンズをタオルで覆って撮影すれば大丈夫かと思います

<かなり濡れてしまって場合>
撮影を断念してすぐに電源を切ってください
水濡れを拭きとってください
かなり濡れて電源が入った状態で内部に水が入ると、回路がショートします

家に持ち帰って、ジップロックにカメラ屋さんで売っている乾燥剤を2,3個入れ
そこにカメラとレンズを入れ、2、3日間ぐらいそのまま密封してください
(心配だったら1週間位)

うまくすると、電子回路に影響を与えずに、復活することができます
回路がショートしてしまうと、修理に出すほか方法がなくなります

注)必ずしも上記の方法で復活するとは限りません
自己責任でお願いします
携帯電話、スマートフォンなども、上記の方法で復活することがあります
いざというときのご参考までに!

 

(2014年9月21日(日) 17:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フェスや結婚式でも撮影。貴方のカメラで目からウロコの裏技をお教えします

一郎太のカメラ教室
北山一郎太 (カメラ)

琴似・札幌・新札幌・円山公園・大通・バスセンター前・東札幌・ひばりが丘・すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ