サイタ趣味の習い事カメラ教室北海道 一郎太のカメラ教室 スクールブログ シャッタースピ...

シャッタースピードを調整することは、絞りを調整することにもなります

動きの速いものを、その動きを止めて写真に残すには、
シャッタースピードを速くして撮影することは、前にお話しましたね

シャッタースピードを速くすると、一定の光の量を得るために
絞りを開いていくことになります

シャッタースピードが遅くなると、逆に絞りがせばまっていきます

では、特に動きのないものを撮影するときには、何を基準に考えたらいいのでしょうか?

私の場合は、絞り優先モードで撮影することが多いのですが、これは
「前ボケ」
「後ボケ」
をどの程度作っていくかということと、ピントをどの程度合わせていくかという
ことにかかってきます

絞りは、開ける(数字が小さくなる)と、ピントの合う範囲は前後に狭くなります
逆に、絞る(数字が大きくなる)とピントの合う範囲は前後に広くなります

どの程度絞ればいいのかは、そのレンズにもよりますし、
被写体からカメラがどの程度離れているかにもよります
もちろん確保できるシャッタースピードにもよってきます

この辺りは、いろいろと挑戦していただきたいのです



この写真では後ろの風景などもきちんと写したかったので、絞りはF10でした
ちなみにシャッタースピードは、1/160です



この写真では、目だけにピントを合わせたかったので、F5です
シャッタースピードは1/320です

一般的に、人物を撮影するときなどはF5.6くらいからF8くらい、
心配ならF10くらいまで絞っておくといいのではないでしょうか

しかし、前にも述べたように、その場の状況や光の加減、被写体との距離などに
よって撮影される画像は異なってきます
1枚撮って「よし」ではなく、同じ場面をシャッタースピードや絞りを変えて
撮影しておくことをオススメします

 

(2014年8月30日(土) 16:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フェスや結婚式でも撮影。貴方のカメラで目からウロコの裏技をお教えします

新着記事

紅葉写真、第2弾です。 札幌では、もう紅葉の季節もほとんど終わりですが、北海道大学に撮影に行ってきました。 紅葉は遠くから撮ってもいいし、近くからアップでとってもいいし、いろいろな取り方があります。 アップばかりでは、絵面が決まりきってしまいますので、近くから、遠くからというよう...

札幌は先週末、初雪が降りこれから冬まっしぐらという感じですが、皆さんの地域はどうでしょうか? 雪が降るまえに天気のいい日に札幌の中島公園に紅葉を撮影に行ってきました。 紅葉を撮影するときには、全部が赤かったり黄色かったりするのもいいのですが、対比できるものを画面に入れて、色のコント...

天気もよく、時間もあったので久しぶりに円山動物園に行ってきました。 動物は、動きを読むのが難しく、シャッターチャンスの良い訓練になります。 ホッキョクグマは気温もそこそこあったので楽しく水遊びをしていました。 園内には、遠足と思われる小学生が結構たくさんいましたので、その辺を気に...

札幌はそろそろ朝晩が涼しくなってきています。 この間、レッスンまでの時間があったので、大通公園を歩いてみました。 西1丁目には、このような模型の時計台がありました。 <div style="text-align:center"><img src="http://ichirota....

札幌大通公園では、明後日まで花フェスタが開かれています。 会期中天気が悪かったので撮影に行けなかったのですが、今日はいい天気で撮影に出かけました。 <div style="text-align:center"><img src="http://ichirota.sakura.ne.jp...

ブログ記事 ページ先頭へ