全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室熊本 かわいいきれいカメラ教室 スクールブログ 四隅が暗く写る

四隅が暗く写る

おはようございます(^_-)-☆

この写真は夏の空を撮影したものです。撮って出しの状態です。これを見てお気づきになられましたか?四隅が暗いでしょ。皆さんも経験したことやご覧になったことが少なからずあると思います。
「故障かな。レンズの不具合かな。」と考える方も非常に多いです。
これは周辺光量不足の状態で、レンズの特性として発生するものであり故障ではありません。

「レンズを通った光が結像面に当たったときには、光軸の中心が最も明るく、中心から離れるに従って暗くなる。これを周辺光量低下(-ていか)、または周辺光量不足(-ぶそく)、あるいは周辺減光(しゅうへんげんこう)という。」(WIKIより)

ここで撮影者の考えは2パターンに分かれます。

「隅まできっちり明るくしたいんだけど」

「このままでもなんだかいい雰囲気だな」

今のデジタル一眼は自動的に周辺光量の補正が出来る設定があります。しかしこの設定は使わなければいけないことはありません。

「好みで使い分ける」これでいいと思います。

皆さん、写真に決まりやルールはありません。たくさん遊んでみてください。時にはハッとする面白い写真が撮れるかもしれませんよ。

ではでは(^_-)-☆





四隅が暗く写る

(2014年8月20日(水) 9:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

建物や人物撮影のコツ~画像編集まで!企業HP写真の撮影ノウハウを伝授

かわいいきれいカメラ教室
佐々木勇気 (カメラ)

上熊本・熊本・川尻・新水前寺・健軍町

ブログ記事 ページ先頭へ