全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室北海道 一郎太のカメラ教室 スクールブログ アンテナを張り...

アンテナを張り巡らせましょう〓撮影するものを探して

さあ撮影に出かけましょう

何を撮ろうか色々と考えるかもしれませんが、あまり深く考える必要はありません
興味を持てるもの、面白いなぁと思えるものがあったら撮ってみましょう



ただの落ち葉ですが、何かこう並んでいると面白いですよね

撮影時には、前だけ向いて歩くのではなく、
上や下、左右をよく観察してみましょう

時には不意に後ろを向いてみたりするのもいいでしょう
後ろを歩いている人には驚かれるかもしれませんが^^;
前を見て歩いている時には気づかないものを、
後ろを見てみると気づくことができる場合があります

撮影時に注意することはいくつかありますが、

(1)自分や周りの人を危険にさらすような撮影はしない
(2)周りの人を不快にさせるような撮影はしない
(3)立入禁止の場所には立ち入らない

ということを忘れずに撮影してください
人通りを遮って撮影するような方もときどき見かけますが、あまり良くないですね
人の流れを見ながら撮影するとか、気配りが必要です

あと、動物園などでは時々あるのですが、ベストポジションをキープし続けるのも
良くないですね
その場所で動物を見たいとか、ほかに撮影したいという方もいらっしゃいますので
その辺りは、ある程度撮影したらほかの方に場所を譲るということも必要です

立入禁止の場所は、なにか理由があって立入禁止になっているので、その場所には
入らない
カメラを持っているからといって、それが免罪符にはなりません

自分だけ楽しく撮影するのではなく、周りに迷惑をかけないように気配りをする
ことも必要です

何はともあれ、撮影の触覚を最大限に伸ばして、普段よりもゆっくり歩いて、
周りをよく観察してみましょう


 

(2014年8月17日(日) 11:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フェスや結婚式でも撮影。貴方のカメラで目からウロコの裏技をお教えします

一郎太のカメラ教室
北山一郎太 (カメラ)

琴似・札幌・新札幌・円山公園・大通・バスセンター前・東札幌・ひばりが丘・すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ