全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室北海道 一郎太のカメラ教室 スクールブログ 作品に名前をつ...

作品に名前をつけてあげましょう〓「題名」をつけましょうというお話

せっかくたくさん撮った写真も、パソコンに取り込んでおしまいでは非常に残念です

撮った写真の中から「これはいいぞ」という写真をいくつかセレクトしましょう
そして、その写真に【題名】をつけてみましょう

撮影した時の印象からでもいいですし、
改めて眺めてみて感じるものからでもいいと思います

この【題名】をつけるという作業は、その写真の主題によって決まってきます
したがって主題がはっきりしていない写真に【題名】をつけるということが
いかに難しいことかわかると思います

主題がはっきりしている作品は、わりとすんなり言葉が出てくるものです

例えばこの写真、



であれば「花の舞」
という感じでしょうか
(ベタですか?^^;)

撮影するときにこんな感じの【題名】にしよう
と考えて撮るのもいいでしょう
そうすると撮るべき主題がはっきりしてきます

そうでなくても、後から見て【題名】をつけるというのもまったく問題ありません

いざ【題名】をつけようとした時に、長時間「う〜ん」と唸ってしまうものは
何か主題がはっきりしていないのかもしれません

特別ユニークな【題名】をつける必要はありません
「桜」はやっぱり「桜」かもしれませんし、「空」は「空」しかないかもしれません
ただ、あまり説明的になり過ぎないほうがいいでしょう

だんだん慣れてくると、その写真から自然とこの【題名】にしてくれ、と語りかけてくれたりするものです

ちなみにこの作品



【題名】は、
「母の愛」
です
(「マテルニテ」からの拝借ですが)

こんな風に、【題名】をつける行為が面白くなるといいですね

 

(2014年8月9日(土) 21:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フェスや結婚式でも撮影。貴方のカメラで目からウロコの裏技をお教えします

一郎太のカメラ教室
北山一郎太 (カメラ)

琴似・札幌・新札幌・円山公園・大通・バスセンター前・東札幌・ひばりが丘・すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ