全国5万人が受講している「サイタ」

カメラ教室(写真教室)・講座

カメラ教室(写真教室)・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事カメラ教室北海道 一郎太のカメラ教室 スクールブログ サッポロ・シテ...

サッポロ・シティ・ジャズの撮影に入っています〓フラッシュについて

先週の土日からサッポロ・シティ・ジャズの撮影に入っています

私が担当したのは、札幌グランドホテルのバーラウンジ内での撮影でしたが、
室内で、しかもラウンジなので照明も暗い中での撮影でした

ライブ撮影ではフラッシュはたけませんので、感度を上げて撮影しましたが、
お客さんの中には平気でフラッシュをたいて撮影している方もいて、閉口しました

だいたいにおいてミュージシャンを無許可で撮影するのはご法度です

さらにフラッシュを使うなど、考えられないことです

このような撮影のマナーが守られないのはとても悲しいことです

フラッシュを使ってはいけないのは、ミュージシャンの集中力を削がないためですが、ほかにもフラッシュを使ってはいけない場所があります

それは、「動物園」「水族館」です

動物は人間と目の作りが違いますので、まず、フラッシュに驚いてパニックになる可能性もありますし、
目を痛める原因にもなります

ほかには、撮影が許可されているスポーツ大会などもフラッシュは使わないようにしましょう
選手の集中力を削ぐことになります

このような場合は、ISO感度を上げてシャッタースピードを確保しましょう
画質は落ちますが、しかたがありません

フラッシュは便利ですが、同調するシャッタースピードはそれほど高いものではありませんので、ISO感度を上げて撮影するほうが効果的な場合が多いのです

 

(2014年7月24日(木) 20:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

フェスや結婚式でも撮影。貴方のカメラで目からウロコの裏技をお教えします

一郎太のカメラ教室
北山一郎太 (カメラ)

琴似・札幌・新札幌・円山公園・大通・バスセンター前・東札幌・ひばりが丘・すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ