サイタ趣味の習い事カメラ教室神奈川 光と遊ぶフォトレッスン スクールブログ モットーは、身...

モットーは、身近で・身軽に・気軽に

「良い写真」って、風光明媚な景勝地のように特別な場所に行かないと撮れない、って思っていませんか?

実はそんなことないんです。
普段から見慣れたいつもの散歩道でも、カメラを構えてみると、意外と見過ごしてきた四季折々のフォトジェニックなシーンが潜んでいることに気づかされます。

そのとき、自分の目線で見るのではなく、心の眼(まなこ)…心眼(しんがん)を通して、すなわち「写真=写心」の理(ことわり)を真とするならカメラのレンズを通して、対象をよーく観察してみましょう。

景勝地では、誰もがそれなりに見栄えのする写真は撮れます。
でもその地に住む人が毎日様々な時間、時季に足しげく通って、ようやく射止めた渾身の一枚には敵うべくもありません。

同じように、身近な場所って誰よりも馴染んでいるからこそ、自分にしか気づけない秘密の撮影スポット・時季を見つけるのに断然有利なんです。そして、それは自分だけの財産になります。
「記憶に遺る写心」って、意外にも日常の中に埋もれているものなんですね。

そこで、おすすめしたいのは、普段のお散歩に必ずカメラを持って出ること。
「あ、このシーンいい!」と思っても手元にカメラがなければ写真は撮れませんから…。

以下のリンク先は、私がこの3年ほどの間に撮ってきた、主に花々の写真を集めて公開したページです。
近隣の公園(神代植物公園、府中郷土の森、生田緑地ばら苑、昭和記念公園、新宿御苑)に出向いて撮ったものもありますが、それこそ近所の散歩道で撮った写真も結構あります。
https://www.dropbox.com/sh/w9ps5k7alqc1e5d/AAAVHHex5BoMF3TEyy0jge5Ya

近所の撮影スポットって入園の時間制限がないんで、早朝や夕暮れ時のような光の条件の良い(太陽光の入射角が浅く、暖色系に偏ってコントラストが和らぐ)時間帯に撮れる、っていうのも一つのメリットなんです。

そんなお散歩カメラにうってつけなのが、近年長足の進歩を遂げているミラーレス機です。
実は上で紹介した写真を撮ったのもミラーレス…と言ったら信じていただけるでしょうか?
しかもNEX-5またはNEX-5Rといった、EVF(電子ファインダー)の付いていないミドルクラスの中級機。ただしレンズは銘玉の呼び声高い中望遠レンズSEL50F18(E 50mm F1.8 OSS)を主に使って(安いけどコストパフォーマンスが非常に高い)三脚は使わずに全て手持ち撮影です。

なんたって身軽に、気軽に持ち出せて、一眼レフと同等の自由度で創作できるのがミラーレスのメリットですが、そんなミラーレスの魅力に、次回は迫ってみることにしましょう。

 

(2014年7月19日(土) 9:46)

前の記事

次の記事

新着記事

明日9月23日、BS朝日でいよいよThe Photographersシリーズの第3弾となる「The Photographers 3」の前篇が放送されます。 <A href="http://www.bs-asahi.co.jp/Photographers3/" target="_blank">...

初代EOS Mの登場から早4年が経った先日の9月15日、ミラーレス市場に遂にキヤノンが渾身の一石を投じてきました。 <A href="http://cweb.canon.jp/eos/lineup/m5/index.html" target="_blank">http://cweb.cano...

先日、メインで使う撮影機材を一新しました。 今まで愛用してきたソニーαNEX-5Rから、思うところあって同じくAPS-Cミラーレスの富士フイルムX-T1に乗り換えて、レンズも一気に4本ほど新調しました。 <DIV align=center><IMG src="https://dl.dr...

先日、生徒さんに予約してもらった評判のイタリアンレストランのテーブル席を借りて、テーブルフォトの撮影実習を行ないました。 採光が十分な、条件の良い窓際はあいにくカウンター席のみだったので、奥まった半個室のテーブル席に陣取ってのレッスンになりました。 窓がなくタングステン光の天井の照明も...

先日の9/5、渋谷duo MUSIC EXCHANGEっていうライブハウスで開催された「Queeness」っていうバンドのライブに行ってきました。 <A href="http://queeness.jp/" target="_blank">http://queeness.jp/</A> ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ