サイタ趣味の習い事カメラ教室群馬 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「槍ヶ岳サンセ...

「槍ヶ岳サンセット」の撮影テクニック・・・⑬解説

~~~信州須坂 峰の原高原にて「槍ヶ岳に夕陽が落ちていく様子」を撮影~~~

真冬の様なすっきりとした天候ではなくやや霞んでいたのが逆に良かったです。みねのはら観光大使の「みねくん」の応援もありがとう!大阪から観光バスにて写真撮影教室の団体様も感動してました。聞くところによるとここ5年間はこの日の撮影は天候に恵まれずダメだったようです。しかし、その日は地元の実行委員の方々はじめ関係者のご努力により素晴らしい景色を見ることができたのです。(感謝~ 感謝です~)

撮影に関しては、久しぶりに富士山以外で真剣モードになりました。前日は曇り雨でまったく見えませんでした。天気予報では当日は秋晴れで間違いなく撮影出来ると確信しておりましたが(内心ただ見えるだけならば面白くないな~と・・・)、夕方はアルプス方面が霞んでしまい撮影もダメかなと感じていたのも事実です。しかし感動の瞬間が現れました。みなさん感動の拍手が・・・

・2013.11.5(火)【Canon EOS 5D MarkⅡにて撮影】

デジタル撮影にしましたからピクチャースタイルは、風景モード(さらにシャープネス+5・コントラスト+1・色の濃さ+1・色合い-3などの微調整が必要)、ホワイトバランスは、オートでISOは、100に設定(極力どんな場面でも画質にこだわり感度は上げたくないですね)。測光モードは、中央重点にして(評価測光やスポット測光などは露出合わせが大変ですから・・・)太陽の上部を測光しAEロックしてフレーミングを決めます。ほとんどの方が横長の構図でしたが、ここは縦撮りがいいかも?<まさに写真だけならば、日の丸写真となり悪いお手本になってしまいそうですが、実はポスターなど文字入れするためには空白も必要なんです~>

そしてプログラム撮影です。特にまったくの逆光でなぜPLフィルターを使用するかは軽いND効果を利用したいからです。さらにシャッタースピードを早くするためアンダーにします。(デジタルカメラは、レンズによりますが小絞りボケを解消するためf16までが良いと思われます。
しかし、はるか遠くのものや太陽も意外と動きが速いため通常のf16絞り優先モードの撮影だとボケた写真になり色合いもいまいちでしょう・・・空が暗く茶色ぽっくなりがちになります。)

こんな場面で有効なのはプログラム撮影モードです。おそらくみなさんバカにしているモードでしょう?・・・初心者が使用するモードだと思い込んでいるのでは?ないでしょうか・・・素晴らしい設定モードだと思います。(中判フィルムカメラには無い機種が多い設定モードですが、場面によっては使いたいモードですね)今回の様な場面では最高ですね。f7.1くらいですからシャッタースピードも1/320~400になり一瞬の空気を捉えることが可能となります。また大切なことは、AF機能を使用しないことですね。はるか遠くの霞んだ風景のためピントがずれたり遅くて瞬間の撮影を逃してしまいます。マニュアルで事前に合わせておくことです。(シャッターが思いのままスピーディーに操れます)

補足:300mm以上の望遠レンズなどを使用し、スローシャッターの場合ミラーアップ機能を!(長時間露光の低感度バルブ撮影では逆にあまり気にしなくてもオッケーでしょう=写り込みませんから・・・)

写真は、楽しいですよ~みなさん~特にこれから始めようと思っていらっしゃる方は今がチャンス!なかなかきっかけというものはないですから・・・

「槍ヶ岳サンセット」の撮影テクニック・・・⑬解説

(2014年7月18日(金) 0:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

新着記事

【ここでの写真】元旦の「ダイヤモンド富士」はカメラマンでごった返していますがここは誰もいない・太陽も「ど真ん中」の場所・オリジナルの場所を探そう~【現在良いソフトも多いので毎日「場所」や「時間」も正確に特定できます】 ダイヤモンド富士:365日富士山が見えていれば毎日2回(朝夕)チャンス...

*** 2015年3月3日(記)・・・今年2015年はイタリアのミラノにて万国博覧会が開催されます・・・ *** 概要 *** 誠に恐縮ではありますが、日本のアーティスト代表として出展依頼があり富士山の作品を拙作ながら出展させていただくことになりました。(笑) *** ***...

*** 2015年1月18日・・・2015年1月4日 せっかくの「月」ですから撮影を・・・ *** フィルム撮影ならば、意外と難しくありません。フィルム感度と絞りを考えるだけで・・・ 敏感なデジタルカメラは非常に難しくなります~何故ならばこの時間になると「月」と「富士山」の露出がまった...

*** 2015年1月17日・・・2015年1月4日 残照・寸光が綺麗で・・・ *** 真っ赤に焼けた富士山の撮影が終了し、眺めていると最後の光が強く輝いていて・・・ これこそが傑作になると・・・ ・Point:思っている以上にアンダーにして撮影です。これはフィルム撮影でも同じこ...

*** 2015年1月16日・・・2015年1月4日 今日の夕方は、焼けました~ *** 一応月齢13.1の「月」も考えながら良い雲の発生を期待して・・・ 静岡側へ移動し待機・・・ 何と昨日とは比べられない程富士山が焼けてきました~ なるべくアンダーで撮影を試みた1枚です! ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、カメラレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ