サイタ趣味の習い事カメラ教室群馬 誰でも撮れるカメラ教室 スクールブログ 「星座」の撮影...

「星座」の撮影・・・⑫解説

星座は専門でないのでただ撮影して楽しむだけです。

友人が専門(40~50年のキャリア)のため望遠鏡を借りて撮影!
赤道儀を使用:“赤道儀”という言葉を聞き慣れない人もいるかもしれませんね。これは地球の自転と逆方向に回転して、星の動き(本当は地面が動いている)を打ち消す装置です。(星を追尾)
従来は天体望遠鏡用だったが、最近はデジカメ用に小型赤道儀が登場しています。これを使えば暗い星まできっちり写せるので自分もはまりそうですよ。
カメラは、Canon EOS 5D MarkⅡ を使用~
コンポジットはしません~面倒なので・・・(専門家に任せます~)

参考までに撮影データは、
①11月下旬 21:00 露出時間184秒 ISO=6400 ホワイトバランス=自動
②11月下旬 23:09 露出時間292秒 ISO=1250 ホワイトバランス=自動
③11月下旬 23:46 露出時間305秒 ISO=3200 ホワイトバランス=自動(バラ星雲の美しいこと~)

ただ、星を見ているとそれだけで心休まる時間と空間が・・・悠久の歴史、人間のちっぽけな事・・・

富士山の写真にはよく詩を付けていますが、
例えば、夜明け前の写真でいつも自分に言い聞かせているものがあります。

『黎明 Dawn Light』

今日も一日が始まる。
今を生きよう。過去への後悔・未来への不安、それより今日何が起きるか分からないからね。

Today starts.
We must live now. Nobody knows what today happen before our past regrets and anxieties for our future.

写真の力は被写体が何であろうとやっぱり凄い!な~
数多くの人にこの素晴らしい写真の楽しみ方を味わって頂きたいのです。

「星座」の撮影・・・⑫解説「星座」の撮影・・・⑫解説「星座」の撮影・・・⑫解説

(2014年7月17日(木) 0:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

新着記事

*** 2015年3月3日(記)・・・今年2015年はイタリアのミラノにて万国博覧会が開催されます・・・ *** 概要 *** 誠に恐縮ではありますが、日本のアーティスト代表として出展依頼があり富士山の作品を拙作ながら出展させていただくことになりました。(笑) *** ***...

*** 2015年1月18日・・・2015年1月4日 せっかくの「月」ですから撮影を・・・ *** フィルム撮影ならば、意外と難しくありません。フィルム感度と絞りを考えるだけで・・・ 敏感なデジタルカメラは非常に難しくなります~何故ならばこの時間になると「月」と「富士山」の露出がまった...

*** 2015年1月17日・・・2015年1月4日 残照・寸光が綺麗で・・・ *** 真っ赤に焼けた富士山の撮影が終了し、眺めていると最後の光が強く輝いていて・・・ これこそが傑作になると・・・ ・Point:思っている以上にアンダーにして撮影です。これはフィルム撮影でも同じこ...

*** 2015年1月16日・・・2015年1月4日 今日の夕方は、焼けました~ *** 一応月齢13.1の「月」も考えながら良い雲の発生を期待して・・・ 静岡側へ移動し待機・・・ 何と昨日とは比べられない程富士山が焼けてきました~ なるべくアンダーで撮影を試みた1枚です! ...

*** 2015年1月15日・・・2015年1月4日 笠雲が大きくなり期待がふくらみます~ *** 早朝の笠雲が発生してから、時間の経過と共に大きく成長する笠雲・・・ 吊るし雲も発生~ますます期待が・・・ 吊るし雲と笠雲の彩雲などと勝手に情景を想像・・・いや妄想?・・・ しかし...

ブログ記事 ページ先頭へ